2000億円を動かした移籍代理人の超絶仕事術

世界のサッカーを動かすメンデス氏を直撃

世界を股に掛けて活躍するエージェント、ジョルジュ・メンデス氏(撮影:豊福 晋)

今夏の欧州サッカー界の移籍市場では、50億円を超える大型移籍が相次いだ。

最もお金を動かした男は、6300万ユーロ(約85億円)でマンチェスター・ユナイテッドからパリ・サンジェルマンへ移籍したMFディマリアでも、5000万ユーロでモナコからマンUへ移ったFWマルティアルでもない。今年も移籍市場の主役は、世界ナンバーワンのエージェントと言われる、ジョルジュ・メンデス(49)だった。

移籍金50億円を超える大型移籍のほとんどにメンデスが絡んでいる。下記はメンデスが今夏移籍させた選手の一例だ。

・アンヘル・ディマリア(6300万ユーロ マンU → PSG)
・アントニー・マルティアル(5000万ユーロ モナコ → マンU)
・ニコラス・オタメンディ(4200万ユーロ バレンシア → マンチェスター・シティ)
・ジャクソン・マルティネス(3500万ユーロ ポルト → アトレティコ・マドリード)
・アルダ・トゥラン(3400万ユーロ アトレティコ・マドリード → バルセロナ)
・アイメン・アブデヌール(2500万ユーロ モナコ → バレンシア)

 

そのほかにも、彼は2000万ユーロを下回る中規模の移籍にも複数関わっており、動かした額は今夏で4億ユーロ(約550億円)にも上る。ひとりでこの額を動かすことができる男は、サッカー界ではアラブの富豪オーナーくらいだろう。

20年で2000億円を動かしてきた!

移籍市場最終日に、書類の不備でマンUからレアル・マドリードへの移籍が成立しなかったダビド・デヘアの一件が決まっていれば、この額はさらに膨らんでいたことになる。

この20年間でメンデスは2000億円を超える金額を動かしてきた。米テレビ局ESPNは、現在サッカー界で最も影響力のある人物の2位(1位は現欧州サッカー連盟会長のミシェル・プラティニ)に選出している。

メンデスは、なぜこれほどの金額を動かせるのだろうか。

次ページメンデスが語った言葉とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。