超一流はたった1%のチャンスでも挑戦する

トップ選手の「移籍」に学ぶキャリア形成

2015J1リーグ1stステージ最終節でラストゲームを飾ったFC東京の武藤嘉紀選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
サッカー海外リーグのシーズンが終了し、日本人選手の移籍がニュースをにぎわせています。日本代表FWの岡崎慎司選手は、プレミアリーグ・レスターへの移籍が決まったと報道があり、ACミランの本田圭祐選手、インテルミラノの長友祐都選手についても移籍が噂されています。
そして注目は、FC東京の武藤嘉紀選手のマインツへの移籍。選手に取って移籍はキャリアの大きなターニングポイントです。そこでどう判断すればよいか。ACミランでレジェンドと仕事をした遠藤友則氏は、「自分を過小評価するな」と示唆します。

筆者は多くの選手の「移籍」を間近で見てきましたが、移籍は選手のその後の人生を左右する非常に大切なものです。慎重に考えていますし、当然、迷いもするものです。

移籍先を考えるとき、最大の焦点になる考え方は、次の二つです。

①自分に合っているだろうと思われる国・クラブで、「おそらく試合に出られるのではないか」という選択をする
②レベルが高いといわれ、世界中の選手が憧れるクラブで、「自分がどれだけできるか挑戦する」という選択をする

あなたなら、どちらを選びますか――。

将来の自分を過小評価するな!

この質問では、身近に感じませんので判断が難しいと思います。

もっと分かりやすい例えで質問するとこうなります。

①J3の上位のクラブからのオファー
②J1の上位クラブからのオファー

あなたがサッカー経験もまだ浅く、高校選手権にもインターハイにも出場したことのない高校生だったとしたら、どちらを選びますか?

次ページどちらに行くべきか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。