2000億円を動かした移籍代理人の超絶仕事術

世界のサッカーを動かすメンデス氏を直撃

⑤ 仕事と家族の時間を両立する

意外だったのが、仕事だけでなく、家族を大切にする、ということだ。彼は携帯電話を3つ持っており、ひっきりなしにかかってくる。年中地球のどこかを飛び回っており、多忙極まりない。

しかしそこにはつねに家族の姿がある。たとえば今夏、移籍市場の真っ只中に、彼は結婚式を行った。クリスティアーノ・ロナウドや有名クラブ会長たちなど、サッカー界の大物がそろった式はニュースになったが、普通はこんな移籍市場の重要局面である8月に結婚式は行わない。しかし日程の都合で、プライベートを優先させたという。

忙しい中でも家族との時間を大切にしているという(撮影:豊福 晋)

「私は毎日仕事をしています。エージェントの仕事は会社員とは違い、土日も休みではない。私に週末はありません。しかしだからといって、家庭での時間を削ることはしない。仕事と家庭の両立、これを念頭に置いて過ごしているからです。たとえば出張には妻を連れて行くことが多いですし、海外出張に家族同伴で行くこともある。交渉をして、それが終われば家族との時間も確保できます。それはそれで大変ですが、少なくともそう努力することが大事なのです。家族とうまくやっていくためにも、私はできる限りのことをしようと思っています」

 ⑥ 仕事や取引相手に優劣をつけない

メンデスと話していて感じるのは、対話能力や、頭の回転の速さ、語学力など仕事面での能力だけでなく、他人を思いやれる、人間的な懐の深さだ。

これほど有名で多忙であるにもかかわらず、一つひとつの案件をしっかりとこなし、優先順位もつけない。人に優劣をつけず、ネームバリューで序列をつけることもない。メンデスとの話が終わり、オフィスの廊下に出ると、待合室の椅子に数人の列ができていた。待っていたのはどこか企業の社長と、ブラガの会長アントニオ・サルバドールだ。サルバドールと話すと、彼もメンデスの人間性を絶賛していた。

リスボンの闇市で物品を売買していた少年時代

これにはメンデスが育った環境も影響しているのかもしれない。彼の家は決して裕福な家庭ではなく、少年時代はリスボンの闇市で物品を売買し、夏にはビーチに出かけ母親が手作りした鞄や帽子を売って過ごした。

一つひとつの仕事に真摯に取り組む。選手との関係も同じだと彼は言う。

「移籍において重要なのは代理人ではありません。あくまでもいちばん大事なのは顧客、つまり選手です。私は自らの利益を追うのではなく、何よりも選手を守らなければならない。私がエージェントとして成功できているとするのなら、その秘訣は一件一件の仕事に真摯に取り組んだ結果でしょう。そして、正直であること。それが選手やクラブの信頼を生んでくれます。関わってきた案件には、最後まで責任を持って取り組む。それがクリスティアーノ・ロナウドの移籍であろうと、無名の若手の移籍であろうとです」

来年1月、再び欧州移籍市場が開く。その時も話題の中心にいるのは、この男であるのは間違いない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。