精神科医が教える"面倒な女"との付き合い方

「女度」を引き下げれば人間関係はうまくいく

女性同士の付き合いや人間関係に、悩んだことはありませんか?(写真 : lightwavemedia / PIXTA)
女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

女性同士の付き合いや人間関係に、悩んだことはありませんか? 一般的にコミュニケーション能力が高いとされる女性だが、職場や近所、ママ友との対応で気を遣う場面は多々ある。ウマが合わない、神経に障ることを言う相手にはどう対応したらいいのか。

参加しないと気まずくなりそうな女子会はやはり参加すべきなのか。著書『女子の人間関係』で“女度”を下げることを提唱する精神科医の水島広子氏に、上手に付き合う極意を聞いた。

――女性との人間関係に悩む人が多いのは、なぜでしょう。

「裏表がある」「すぐに群れて異質なものを排除しようとする」「自分と異なるライフスタイルの人を敵とみなす」「陰口や噂話が好き」などといった特徴が、女のイヤな部分としてよく挙げられます。

こうした特徴を「女度」と表現した場合、「女度」が高い人ほど、人間関係の悩みが多くなる傾向があります。ただそうした部分は女性だけでなく男性にもみられるものなので、実際には「女度」が高い男性もいます。

女度の高い永田町でトラブルを避けられた理由

――つまり、「女度」を下げれば人間関係に悩まなくて済むのでしょうか。

そうですね。医学部の学生時代、100人中女子学生が10人しかいないために女子同士の関係が深くなり、やたらと気を遣い合う状況に悩んだ時期がありました。ある時、その狭い友人関係の中で群れるのをやめたら、すごくラクになったんです。

それ以来、処世術として「女度」を低くして生きるようにしています。意識していると「女度」は下がってきます。男女ともに「女度」が高い人が多い永田町にいた衆議院議員時代も、トラブルなく過ごすことができました。それどころか、若い女性議員に厳しいはずの女性の先輩議員からも、いろいろな場面で守ってもらえたのです。

――「女度」を下げることは誰にでもできることですか。

単純な話で、「女度」を刺激するものから遠ざかればいいのです。イライラしたり、気持ちをモヤモヤさせるものを意識して見ないようにすれば、気持ちがずっとラクになり生きやすくなります。そうすると、次第に苦労してまで「わざわざ見る」世界にいたくないという心境になり、どんどん「女度」も下がっていきます。

次ページ女子会を欠席する際に気をつけたいこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT