翌日に仕事がある日は、飲んではならない

平日に飲めるのは一流の人の特権と考えよ

さて、健康を害する可能性のあるものですが、食べるものもそうですが、タバコやお酒の頻度は務め人としてはやはり考えないといけません。ちなみに、私は学生時代にすでに禁煙をしていましたが、タバコをたしなむのは個人の自由ではありますが、やはり健康には気をつけたいものです。

飲酒ですが、私は翌日に仕事がある平日は絶対に飲みません。仕事へ少しでも影響が出る可能性を排除したいのもそうですが、やはり自分にとって「飲める」チャンスが多ければ多いほど健康を害する可能性も増えるような気がしているので、自分でルールを作っています。

平日に飲めるのは一流の人の特権

筆者は、翌日に仕事がある日はどんな飲み会であっても断ってきた!(写真:【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA)

平日に飲めるなんてかなりのぜいたくであり、一流の人の特権のような気がしています。私のような者がそんな行為をすること自体、自分で躊躇してしまうのも原因です。したがって、相手が友人であろうと偉い人であろうと絶対に平日は飲みません。

じゃあ食べるものはどうかと言われると、これはまだ勉強中です。さすがに以前のような食生活は送っていませんが、根が貧乏性なのか家族などと過ごす週末はいいとしても、平日のランチは500円を超えると非常に損した気分になるので、選択肢がそもそも限られます。健康を考える以前の問題ですね。

さて、体を動かすことについてですが、これは自分のスケジュールに最初から組み込む(逆に言えばその時間はないものとしてほかの予定を調整する)、時間をかけずにできる環境を整える――の2点を実践しています。といっても特別なことをしているわけでなく、週何回かの筋トレ、そして最近始めたばかりの週末の早朝ジョギング程度です。本来はもっと体を動かす時間がとれるといいのですが、ほかの予定との都合もあり、継続するために無理をしないことを前提としています。

筋トレでいうと自宅に安価なダンベル、プッシュアップバー、腹筋ローラーなどの器具をそろえており、ジムの営業時間を気にしたり、会費を気にすることなく1回、1時間程度で自分のペースでやっています。

そして、継続性を担保するべく週末を含むスケジュールに、エクササイズしたい部分ごとの日程とメニューを自分で考え、最初からスケジュール化しています。やはり習慣化、そして自分にとってムリのない範囲でやる、ということが継続性につながります。

私自身、筋トレだけは体が強くないと激務はこなせないハズとの考えで、キャリアをスタートしたときからの習慣です。忙しさを言い訳にやめたことはありません。上記のような誰にでもできるちょっとした工夫が継続性につながったのでしょう。おかげで昔から体型が大きく変わることもなく、むしろ学生時代を含めてスポーツをやっていたことはありませんが、よく「何かスポーツをされていますか?」と聞かれるものです。

そもそも筋トレに限ったことではありませんが、運動といっても別にプロとしてその道を目指しているわけではありませんので、ポイントは自分が粛々とできる、自分のペースでやることです。

というわけで、健康のために何かしているかということに対しては自慢できることはありませんが、やはり何もしていない段階であれば上記のように自分の日常に、自分にあったペースでやりたいことを組み込む、ということから始めるのがいいのではないでしょうか。

西田さんが健康への第一歩を踏み出されることを応援しております。お互いに頑張りましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT