「ポイントは2つ」と言ってはいけない!

本当に優秀な人は自分の考えをどう伝えるか

(写真:xiangtao/PIXTA)

“なんちゃってデキる人”がやりがちなまとめ方

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」のコンサルティングをしていると、女性から自分の考えのまとめ方や伝え方についてご相談を受けることがあります。

「会議で『ポイントは2つあって~』というように、スパっと考えを整理して発言しているのを見ると、デキる人だなあって思ってしまいます。私も即座に自分の考えを整理して『2つあって~』のようにスパっと発言したいのですが……」

ボクはいつも「できなくていいですよ。本当にデキる人はそんなこと言いませんから」とお答えしています。「2つあって~」はデキる人の発言に見えますが、実はうまくまとまっていない“なんちゃってデキる人”のまとめ方なんです。

自分の考えをまとめたり伝えたりする際には、“本当にデキる人”と、“なんちゃってデキる人”の違いが明確に表れます。本当にデキる人は自分の考えを確実に相手に伝えることができ、「おぬし、デキるな!」と認められて仕事のチャンスにも恵まれやすくなります。

次ページ本当にデキる人のまとめ方・伝え方のお作法とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。