出世する人は、「算数」をうまく使っている

「足し算引き算」レベルで評価が変わる

理系じゃなくても「数字に強い課長」になれるコツがあります!(写真:xiangtao / PIXTA)
ヒラのプレーヤーから課長になると、業務の効率化や目標設定、チームの戦略策定、部下育成など、仕事で数字に向き合う場面が格段に増えます。しかし、数字に苦手意識を持つ人は少なくないのではないでしょうか。
この連載では、「数字スキル」トレーニングの専門コンサルタントとして、企業内研修や公開セミナーで4000人以上を指導してきた『「数字に強い課長」になるための仕事のコツ』(KADOKAWA)の著者が、学生時代に数学が苦手だった課長でも明日からすぐに使える、数字の見方と使い方のコツを紹介します。

数学が苦手でも、「数字に強い人」になれる

「数字に強い課長」になるための仕事のコツ』(KADOKAWA) 上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

はじめまして、ビジネスパーソンの方々に「数字スキル」をトレーニングする専門コンサルタントの深沢真太郎と申します。突然ですが、皆さんは「数字に強い課長」って、どういう人だと思いますか? 

この質問をすると、たいてい「高校、大学時代に理系だった人」という答えが返ってくるのですが、実は、課長の仕事において求められる計算自体は、算数レベルで十分対応できます。

私はこれまでに、企業内研修や公開セミナーで約4000人のビジネスパーソンを見てきましたが、仕事で使う数字に対して、切実に悩んでいる課長の方が多いことに驚きます。

しかも、そのほとんどが学生時代に文系だった人です。おそらく、仕事の数字を扱うことに対して、最初から「難しい」という先入観を持ってしまっているのでしょう。でも、私が行っている研修やセミナーでは、本当に微分・積分はおろか、中学レベルの計算すら登場しません。断言しますが、「仕事の数字」に強くなることと、学生時代の数学の成績はまったく関係ありません。コツさえ掴んでしまえば、「数字に強い人」になるのは、それほど難しいことではないのです。

問題に挑戦してみよう

さっそくですが、私が行っている企業研修で、よく出題する問題をひとつ解いてみてください。

<問題>(制限時間1分間)
商品Aを購入している人は48%、商品Bを購入している人は30、商品Cを購入している人78%、どれも購入していない人は0%。Cだけ購入した人は60。では、少なくともAかBを購入したのは何
次ページコツは、数字をいかに整理できるか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。