「お酒の席」には大事な"学び"が詰まっている

相手を不快にさせない「修行」になる

(写真:KAORU / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで

 今回は、職場の飲み会が憂鬱でたまらないという女性からのご相談です。

【ご相談】
 社会人5年目です。職場の飲み会が憂鬱でたまりません。春は歓送迎会やお花見など、職場で飲む機会が増えますが、上司にお酌をさせられたり、2次会の店を手配、会費の回収をしたり、まったく楽しくないのに、「半強制参加」の雰囲気があるのです。
 先輩に相談したら「飲み会も仕事の一環」と言われました。それなら普通に仕事すればいいのに……と思ってしまって……。今月はこれからまだ何回か、社内の飲み会がある予定です。どうすれば参加しなくて済むようになるでしょうか。参加しないと上司や先輩たちからの評価も下がってしまうものでしょうか。

飲み会に参加しないと評価は下がる?

春ですねぇ。

春は新しい人との出会いや別れがつきもの。それに伴っての会合が多くなる時期です。毎日毎日、夜の予定はいっぱい、という方も多いのかもしれません。職場での飲み会が辛いと、毎日会社に行くのも憂鬱でしょうね。いっそのこと、そういう日は休んじゃえば??(笑)……なーんて、そうもいきませんよね。

あなたはまだ若手社員でいらっしゃるようなので、職場の人と飲むよりも、気心の知れた仲間と楽しい時間を過ごしたいと思っていらっしゃるのかもしれませんし、実際に職場の飲み会が地獄のようにしんどい場なのかもしれません。「なぜ、おカネを払って参加して、気働きまでしないといけないのさ!」と思う気持ち、私の元メンバーたちの中にも渦巻いていたのでしょうねぇ。反省しないといけませんね。

結論から言うと、飲み会に参加しないからといって「評価が下がる」なんてことはほとんどないと思いますね。評価は仕事そのもののパフォーマンスや質、仕事へのスタンスなどでされるものですし、いくら「仕事の一環」と先輩が言ったところで、しょせんは飲み会なんてオフサイト。上手に断りさえすれば、参加しないのもアリだと思います。

次ページ要は断り方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT