週3で4時帰り!「パート派遣」激増の裏事情

子育て主婦を派遣市場に呼び込め

派遣社員という働き方が子育て中の主婦にとって大きな選択肢になってきた(写真:sunabesyou-Fotolia.com) 

経験豊富で仕事がデキる。3カ月契約で企業を渡り歩く”スーパー派遣社員”の主人公が、行く先々で活躍をするテレビドラマ『ハケンの品格』が放映され、話題に上ったのは2007年のこと。当時、主人公は30代前半だった。それから8年――。

現在、派遣社員(一般労働者派遣)の平均年齢は37.9歳。ほぼ毎年1歳ずつ上がっている。労働者数も2008年をピークに減少。派遣社員に今後の希望する働き方を尋ねたアンケートでも、半数以上が正社員、パート・契約社員と回答しており、派遣社員と答えた人は2割にも満たなかった(日本人材派遣協会が2013年に実施したウェブアンケート)。派遣社員という働き方を選ぶ人が減り、新しい人材が入ってこない。このままでは派遣業界はジリ貧の一途をたどることになる。

「パートタイム派遣」で主婦を呼び込め

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

そんな中、人材派遣業界が次の一手として打ち出してきているのが「パートタイム派遣」だ。フルタイム派遣が週5日・1日8時間勤務が一般的なのに対し、パートタイム派遣は、週2~3日や1日4~5時間などの勤務が多い。”ゆるやかな働き方”で眠れる労働力である子育て中の主婦を呼び込もうというわけだ。

パートタイム派遣とは、フルタイム派遣1人分の業務を2人のワークシェアリングで行ったり、企業の業務量が多いときだけのパートタイム勤務だったりする。たとえば、9~13時勤務のスタッフと13~17時勤務のスタッフでシェアする、週2日勤務のスタッフと週3日勤務のスタッフで1週間のシフトを組む、1人のスタッフが週2日勤務の閑散週(月)、週4日勤務の繁忙週(月)を組み合わせる、月末月初の繁忙期のみ勤務する、などさまざまなバリエーションがある。

これまでも、派遣業界ではパートタイム派遣のニーズは認識されていた。しかし、パートタイム派遣には、ある"欠点"があり、これまであまり普及してこなかった。

次ページパートタイム派遣の「欠点」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT