夫が育休を取るのは、そんなに大変なこと?

日本のイクメンを増やす方法を考えよう

4月、イオンモール幕張新都心で開かれた「ジャパンファミリーフェスティバル」にて。パパの育児参加は着実に進んでいるが、平日は残業などで早く帰宅できないケースがほとんど。妻の負担が圧倒的に重いのが現実だ(撮影:梅谷秀司)
保育園事情、柔軟な勤務体系で働ける場所が少ない……など、ママが働くうえでの“カベ”はいろいろあるけれど、実は夫が早く帰宅して育児や家事を担当するだけで、ママの負担はぐっと軽くなる。そこでこの連載ではママの大変さを理解し、ともに歩もうとしているイクメンを紹介していく。イクメンを増やすことが、輝くママを増やす近道だ!

 

「今の30代男性は、育児に関する意識が40代以上の世代とだいぶ異なってきていて、育児休業に関しても“取っている”、もしくは“取りたいと思っている”人が多くいます」と指摘するのは、NPO法人ファザーリング・ジャパンIT部会リーダーの尾形和昭さん(43)だ。

尾形さんによると、家庭科が男女共修になって(中学は1993年、高校は1994年)約20年。37歳以下の世代は、その影響もあってか性別による固定的役割意識が薄いという。

一方で、2013年度の男性の育児休業取得率は2.03%(厚生労働省)。2020年までに13%という目標はほど遠く、日本同様に少子化に頭を悩ませるドイツの29.3%(労働政策研究・研修機構)と比べてもかけ離れているのが現状だ。

男性の育休取得はたった3日!? 

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

ひとつには、職場に“こうなりたい”と思えるロールモデルが少ないことが挙げられる。「誰も育休を取っていない環境の中、自分が最初に取るのをためらう人は多い」(尾形さん)。

また、妻や父母といった身近な家族の不理解も大きな阻害要因となっている。妻が「子どもは女性が育てるもの」という価値観を強く持っている場合、ワーキングマザーでも「なんであなたが? 私が取るからいいわよ」となり、夫が育休を取る必要性が認められなくなる。「なんで男のあなたが取るのよ」と親から言われると、なかなか一歩を踏み出すことは難しい。

次ページ有給を組み合わせた“隠れ育休”も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT