「レシピ本」に頼るとフードロスが出てしまう訳 「単純すぎる料理」ばかりにしたら起こった変化

✎ 1〜 ✎ 53 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 最新
拡大
縮小
仕事先でお弁当を出していただくと、普段食べないご馳走満載でうれしい。ご馳走は人に作ってもらうのが一番です!(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第54回をお届けします。

フードロスのまさかの「犯人」第2弾

前回、冷蔵庫がフードロスの主要因だったというまさかの事実に気づいてしまった顛末について書かせていただいた。

稲垣えみ子氏による連載54回目です。

そうなんですよ。何でもかんでも冷蔵庫に入れておけば好きな時にウッシッシと食べられるもんね便利便利……と喜んでいたら、いつの間にか何をどれだけ貯めてあるのか把握できないのが当たり前になり、結局はあらゆるものを腐らせ捨てていた……という、まるで昔話に出てきそうなおっそろしい現実に、冷蔵庫を手放して初めて気づいた私である。

で、今回はその「まさか君が原因だったのか!」シリーズの第2弾。そう、なぜわれらはフードロスをなくしたくてもなくすことができないのか。意外な「犯人」はほかにもいたのであった。

冷蔵庫と並び、その原動力となっているのはなんと「レシピ本」だった!

……というのが、フードロスゼロ生活を7年以上続けている私の実感である。何しろ私、フードロスゼロ生活を始めてからレシピ本を見なくなった。正確に言えば、見たくても見ることができなくなったのである。

次ページレシピ本に頼ると何が起こるのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT