「お金を使わない私」が「お金を稼ぐ」ことの意味 「買わない生活」最終回、仕事と報酬を考える

印刷
A
A
40年ぶりに再開したピアノライフのことを書いた本が全く想定外に売れたので、その印税を叩いて夢のグランドピアノ購入! 敬愛する先生のレッスン場に置いていただき、空いてる時間に自分もちゃっかり弾かせていただくという算段です。ピアノ業界と先生への恩返しができて自分も得するという、自分史上最高の「買い物」ができたと自画自賛。私もついにここまで来たと感慨深いっす(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第63回をお届けします。今回が最終回となります。

「買わない生活」でそもそも「稼ぐ」必要があるのか?

「買わない生活」で、友達も、健康も、自由な時間も、さらにはまさかの「お金」までも、つまりは人生に必要なすべてを手に入れることに成功したまことに愉快な顛末について、これまで延々と書き綴ってきた。今の時点で書けることはほぼ書き尽くしたと言っていいと思う。

稲垣えみ子氏による連載最終回です。

なので今回がいよいよ最終回である。

最後のテーマは、今の私が抱える最大の難問「お金を稼ぐこと」について。 

いやーお金を稼ぐことって、マジで難しいっす!

あ、いや……これはちょっと誤解を招く表現だったかもしれない。だって一般的には、お金を稼ぐのが難しいっていうと、お金を「うまいこと」「たくさん」稼ぐのって難しいよねって話だと思われますよね当然。

でも私が言いたいのはそういうことではない。

何しろ私はお金を使わずとも幸せなのである。いやむしろお金を使わないことが幸せへの近道と思っているのであるということはこれまでさんざんっぱら書いてきた通りである。

となると当然、どう「うまいこと」稼ぐかどころの騒ぎではなく、そもそもお金を稼ぐ必要があるのかってことになってしまう。そこが実に全くもってフクザツなのだ。だって前にも書いたように、使うあてのないお金をせっせと稼いで貯め込んだところで。自分にとっても世の中にとっても何の意味もないのだから。

じゃあ、別に働かなくていいじゃん!

次ページアーリーリタイアも一つの考え方だが……
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT