「あるものでパパッと」料理が作れる超簡単な方法 レシピ本に頼らず、ずらりと食卓に並べるコツ

印刷
A
A
安い早いうまいの夏の国民食といえば冷奴! 皿に乗せそこらにある薬味をかけるだけ。今回は鰹節と二味とゴマとオリーブ油と柚子胡椒をかけてみた(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第55回をお届けします。

今ある材料でパパッと一品作れる人

冷蔵庫をやめたら「今ここにあるもの」でなんとか日々の食事を賄わざるをえなくなり、結果、イヤも応もなくフードロスと無縁の暮らしとなった、つまりは食費を無駄にすることが一切なくなった顛末を、2度にわたって書かせていただいた。

稲垣えみ子氏による連載55回目です。

で、改めてこれを別の角度から見るとですね、私はいつの間にか、いわゆる「冷蔵庫にあるものでパパッと一品作れる」人になったということである。

ア、無論わが家に冷蔵庫はないわけですが、ここでいう「冷蔵庫」とは単なる比喩でありまして、冷蔵庫の中にあろうが外にあろうが、今ある材料でパパッと一品作れる人。そんな人に私はなったことには違いない。

ってことに気づき、わたしゃ思わずジーンとなったね……。

だってそれこそは、私が長年憧れ続けていた「料理上手」の究極の姿ではないか!

小さい頃から料理が好きだった。ま、要するに食い意地が張っていたのだ。自らの手で「世界のゴチソウ」を作れることが楽しく誇らしく、次々とレシピ本を手に入れては果敢に挑戦した。あら私、なんでもできる! パエリアだって手作り水餃子だって自分で作れちゃう! と鼻高々であった。

でもそんな私にも、どうしても作れないものがあったのだ。

次ページレシピ本を何冊買っても作れなかった料理
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT