(第55回)2011年度新卒採用から2012年度新卒採用への潮流を探る

●内定者の家庭訪問や、親向けの説明会も登場く

図表4【内定者フォローの実施項目】
[+]画像拡大


 数は少ないが興味深いのは、家庭訪問(2社)と親向け説明会・会社見学会(1社)だ。志望先企業を決める際に親に相談する学生が増えており、入社案内や採用ホームページは親が読むことを前提(安心してもらう)に制作することが多くなっている。また、大学の入学式や卒業式には大学生の人数の倍(両親+α)の出席者がいる。そして「親子就活」という本も出版されている。
 しかし、内定者の家庭訪問や、親向けの説明会は珍しい。「幼稚化」と批判する人もいるだろうが、今後は両親向けのフォローが多くなっても不思議ではない。
 この調査は9月に行ったものなので、「8月以前から行っている内定者フォロー」という意味でデータを読む必要がある。10月1日の内定式以降は来年の4月1日まで準社員扱い。「内定者フォロー」から「内定者教育」へと中身が変わっていく。

●2012年度新卒採用数は3分の2の企業が2011年度と変わらず

 2012年度の新卒採用数については、66%が「2011年度とほぼ同規模」と予想している。昨年同時期に「2011年度新卒採用数」を質問した時の「同規模」回答は57.8%だったから、10%近く増えている。
 就職ナビの状況でもこの状況は裏付けられている。就職ナビ2強の掲載社数とエントリー受け付け社数を見る(10月1日)と、リクナビは5301社(エントリー受け付け5002社)、マイナビ4778社(エントリー受け付け3877社)。
 2008年(2010年度採用)までは就職ナビ2強の掲載社数(10月)は7000~8000社だったが、2009年(2011年度採用)に激減して5000社程度に落ちた。今年はその水準で推移している。
 一方、「増加する」と「減少する」の回答を見ると、今年は「増加する」との回答が「減少する」との回答を上回った。「2割以上増加」と予想する企業が7%もある。今後の円高の行方など、経済環境によって変わっていくこともありうるが、現時点では学生にとって少し明るい兆しといえよう。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング