(第55回)2011年度新卒採用から2012年度新卒採用への潮流を探る

●内定辞退者は例年並みだが、フォローは手厚く

図表3【「2010年度の採用活動と比べた内定辞退の増減】
 複数内定を得た学生は、1社以外の内定を辞退することになるのは当たり前。その比率は半数(50%)が変わらないと回答しており、「非常に少ない(1%)」「やや少ない(19%)」の計20%と「非常に多い(2%)」「やや多い(16%)」の計18%が拮抗しており、例年どおりの結果になっている。

 内定辞退の理由(あくまでも人事が把握しているものだが)は、「より志望度の高い企業より内定が出た」と「より大手の企業より内定が出た」の2つが圧倒的に多い。その他に「進学」「公務員に合格」「勤務地が合わない」「家族の反対」などがあるが、これらも例年どおりだ。

 内定者フォローについては、各社とも熱心に取り組んでいる様子がくみ取れる。人事担当者や若手社員との懇親会は定番中の定番。電話・メールによる定期連絡は当然だし、社内報の送付によって社風がわかるし「社員」になるという自覚も生まれる。
 集合研修、課題・レポート提出、経営者層との懇親会、社内・工場見学、通信教育、内定者用コミュニティサイト(内定者管理サイト)、グループワークも定番と言っていいだろう。
 面白いのは、社内アルバイトだ。36社で実施しているが、入社前に働く経験は、学生にとっても企業にとっても良い結果をもたらしそうだ。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。