(第55回)2011年度新卒採用から2012年度新卒採用への潮流を探る

●採用予算が「2011年度とほぼ同規模」は6割超

図表5【2012年度の新卒採用数の予想】


 採用数だけでなく採用予算でも「2011年度とほぼ同規模」と回答する企業が66%もある。「2割以上の減少」企業が3%、「2割未満の減少」企業が7%あるが、「2割以上増加」企業が7%、「2割未満増加」企業が6%。大勢としては昨年並みになっている。人事へのアンケートで見る限り、2012年度新卒採用は安定基調である。

図表6【2012年度の新卒採用活動において力を入れたいと考えているテーマ】
[+]画像拡大


 ただ採用数や採用予算は、容器にすぎず、学生に対して発信する中身が大切だ。「2012年度の新卒採用活動において力を入れたいと考えていること」を質問したところ、「学生に対する説明を分かりやすく詳細に行いたい」が64%と最も多かった。また「学生の質問・疑問に明確に答えていきたい」は41%。つまり人事は発信メッセージが不十分と考えていることがわかる。学生からも「わかりにくい」「説明が不十分」という不満の声が多いが、人事も「足りない」ことを認識しているということのようだ。
 「採用担当者として学生に好感を持たれるようにしたい」「学生と接する一般社員が好感を持たれるように導きたい」もあるが、これは当然。学生の入社動機は、単に安定性、成長性、給与だけでなく、人事や社員、面接官の印象であることが大きい。
 ところが「学生に好感を持たれる」という人事の問題意識は意外に薄かった。リクルーター、面接官、人事のトレーニングをしていない企業はかなり多いが、「採用力」を上げるには必須である。

 次回は、2012年度新卒採用に向けて、人事が取り組んでいる活動と意識について紹介する。
HRプロ株式会社(旧社名:採用プロドットコム)
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
採用担当者、教育・研修担当者をはじめとしたHR担当者のための専門サイト「プロ.com」シリーズを運営。新卒/中途採用、教育・研修、労務、人事戦略などの業務に役立つニュース、ノウハウ、サービス情報、セミナー情報を提供している。HR担当者向けのセミナーも東京・大阪で開催している。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング