(第56回)採用活動の舞台がWebから大学キャンパスへと変貌の予感

(第56回)採用活動の舞台がWebから大学キャンパスへと変貌の予感

HRプロ株式会社
 今回は、2012年卒採用での新たな取り組みについて紹介したい。

 企業は個性的な採用活動を行い、学生の共感を得たいと願っているはずだ。しかし、就職ナビ、採用ホームページ、入社案内を読むかぎり、デザインや文章の優劣はあるものの個性は感じられない。画一的で横並びだ。
 特に5年ほど前からのWeb依存は甚だしく、没個性化に拍車をかけた。一つひとつが個性的であっても、たくさんの企業を次々に見ることができるWebでは個性は埋没してしまう。また、学生も人事も、Webに依存する傾向が強かった。

 しかし、今年9月にHRプロが実施した人事アンケートを読むと、事情が少し違ってきたようだ。採用担当者がこれまでと異なる問題意識を持って、新しい採用手法を模索しているようである。

●ブログは有効そうだが、ツイッターの効果は不明。いずれも負荷は大きそう

図表1【2012年度の新卒採用活動において特に力を入れたい広報ツール・活動】

 上記グラフは「2012年度の新卒採用活動において特に力を入れたい広報ツール・活動」を問うたアンケート結果だ。「ツール」と「活動」を同時に質問したが、分けて見たほうが理解しやすい。

 まず「ツール」から。
 就職ナビ、採用ホームページが1、2位になっていることは当たり前。プレエントリーは就職ナビから行い、大手企業の中には採用ホームページからのエントリーしか受け付けないところもあるからだ。

 その他のツールは、軒並み低調だ。入社案内はこの数年は重要性が再評価されていたが、今回の調査では低い評価になった。セミナーで使われることが多いDVD・ビデオも低調。ただし、数は少ないが、新しいツールとしてブログやツイッターに注目したい。

 人事ブログは、志望度が高く企業を深く研究したい学生が読むはずだ。
 ツイッターについては採用に使われた事例がまだまだ少ないので、効果のほどはわからない。もしかすると一部の学生には効果的かもしれない。しかしツイッターで集まる学生が偏った特性ということも考えられる。
 これまでの採用活動では、事前に作ったツールを使っていたが、ブログもツイッターも継続して情報を発信しなければならない。ある程度の効果はありそうだが、書き込みを怠ると学生から評価されない。例年どおりの採用活動の負荷があるのに、書く時間があるのかないのか。そしてその労力に見合う効果があるのか。
 また、書く人間によって文章力は変わる。はたして学生に発信するレベルの文章を、人事が書き続けられるのかどうか。書ける企業と書けない企業がありそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT