(第78回・最終回)キャリアセンター意識調査~その2 就職支援の課題

(第78回・最終回)キャリアセンター意識調査~その2 就職支援の課題

 

HRプロ株式会社

数年前のキャリアセンターと現在のキャリアセンターの違いは何か? それは負荷が極端に増大したことだ。2011年12月1日に13年卒の採用活動は始まったが、12年卒採用はまだ終わっていない。就活を始める3年生、まだ頑張っている4年生だけではない。就職留年者、未内定の卒業生という「就活生」もいる。

こんな環境で奮闘しているキャリアセンターの声を聞いてみよう。データは、前回同様、HRプロが11年8月16日から9月30日にかけて、全国362大学(国立57大学/公立26大学/私立279大学)を対象にした調査結果である。

●2012年卒学生の学内合同セミナーへの出席は漸増傾向

まず現在も活動を継続している12年卒学生の動きについて、キャリアセンターの声を紹介したい。

学内で実施する合同セミナーへの参加学生数を11年卒学生と比べてみると、全体の4割の大学が「変わらない」と回答した。「かなり増えた」と「少し増えた」は合わせて35%。「少し減った」と「かなり減った」は合わせて25%だから、漸増傾向にあるようだ。

ただし、規模別ではかなり大きな違いがあり、「1000人」を境に異なる傾向になっている。「1000人以下」の大学では「かなり増えた」と「少し増えた」は22%であり、「少し減った」は26%もある。つまり減少傾向が読み取れる。

一方、「1001~5000人」の大学の「増えた」は37%、「5001人以上」の大学の「増えた」は42%と高い。

小規模校のキャリアセンターの課題は、学生の就職意欲の喚起と学内セミナーへの誘導にありそうだ。

図表1:学内合同セミナー参加学生数の対前年比

 

関連記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。