(第75回)2012年度新卒採用総括 学生の動き1

(第75回)2012年度新卒採用総括 学生の動き1

 

HRプロ株式会社

今回は、就職活動中の大学生、大学院生4742名(調査期間:2011年6月22日~6月30日)の調査データを紹介する。2012年卒新卒採用で、企業の動きは大幅に遅れ、前回紹介したように多くの異変が起きていた。

その異変を学生側のデータで検証してみたい。まず今回は2012年卒就職活動を追っていきたい。

●文理で数が大幅に異なるプレエントリー

2012年卒は、プレエントリー数が減少したことが特徴の一つだが、文理でも特徴が見られ、行動特性が異なっている。

理系は「1~20社」が最多で約3割。続いて「21~40社」で約2割。3番目が「41~60社」で15%弱ときれいなカーブを描いている。

文系は「1~20社」「21~40社」~「101~120社」までが10%台で高原状態。201社以上の学生も7%ほどいる。プレエントリーの時点では理系が慎重(推薦も影響)で、それに対し文系は大幅に上回っている。

図表1:学生のプレエントリー数

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT