(第75回)2012年度新卒採用総括 学生の動き1

(第75回)2012年度新卒採用総括 学生の動き1

 

HRプロ株式会社

今回は、就職活動中の大学生、大学院生4742名(調査期間:2011年6月22日~6月30日)の調査データを紹介する。2012年卒新卒採用で、企業の動きは大幅に遅れ、前回紹介したように多くの異変が起きていた。

その異変を学生側のデータで検証してみたい。まず今回は2012年卒就職活動を追っていきたい。

●文理で数が大幅に異なるプレエントリー

2012年卒は、プレエントリー数が減少したことが特徴の一つだが、文理でも特徴が見られ、行動特性が異なっている。

理系は「1~20社」が最多で約3割。続いて「21~40社」で約2割。3番目が「41~60社」で15%弱ときれいなカーブを描いている。

文系は「1~20社」「21~40社」~「101~120社」までが10%台で高原状態。201社以上の学生も7%ほどいる。プレエントリーの時点では理系が慎重(推薦も影響)で、それに対し文系は大幅に上回っている。

図表1:学生のプレエントリー数

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。