混同多発!「many」と「a lot of」は同じじゃない ネイティブはこう使い分けている

✎ 1〜 ✎ 80 ✎ 81 ✎ 82 ✎ 最新
拡大
縮小
今回はmanyとmuch、a lot ofなど、数量を示す表現に隠されたニュアンスを取り上げます(写真:Dmytro Varavin/iStock)
この記事の画像を見る(3枚)

mustとhave to、startとbeginなど、学生時代に同じ意味だと習った英語表現、ざっと思いつくだけでもけっこうありますよね。テストや授業などで、書き換え問題としてよく出されませんでしたか。

この連載の一覧はこちら

当時、一生懸命覚えたこれらの表現や文法。実際の会話でも同じ意味として使えるときもありますが、場面や文脈、微妙なニュアンスの違いによって使い分けが必要なときも意外に多いのが実際です。

今回はそんな表現の中から、皆さんも使う機会の多いmanyとmuch、a lot ofなどの数量を示す表現を取り上げます。

ちょっとだけ想像してみてください。緊急事態宣の解除に伴い、ここのところ街や電車に人が増えてきましたが、この状況でたくさんの人を見たとき、皆さんだったら英語でWow, there are many people!(うわ、人が多いね!)と言いますか、それともWow, there are a lot of people!(うわ、人がいっぱいいるね!)と言いますか。知らないうちに、意図せぬニュアンスを相手に伝えているかもしれませんよ。ではさっそく、これらにどんなニュアンスの違いがあるのか、一緒に見ていきましょう。

まずは基本文法の復習を

「たくさん」という意味を表す単語やフレーズはいくつかありますが、修飾する名詞の種類によって使い分けのルールが決まっています。まずは、修飾したい名詞が可算名詞(数えられる名詞)なのか、不可算名詞(数えられない名詞)なのかをチェックしましょう。それによって使える数量表現が異なります。

a lot ofやlots ofは可算名詞にも不可算名詞にも使える便利な二刀流。これは気軽に使えそうですね。

I bought lots of things.(いっぱい買っちゃった)〔可算〕
We have a lot of time.(時間はたっぷりあるぜ)〔不可算〕

a lot ofとlots ofはどう違うのか気になった方もいるかもしれませんね。こちらは後ほど説明いたします。

次ページmanyとmuchの使い方
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT