うちの子は「主体性がない」と言う親の重大な盲点

子どもの前向きさを引き出すための3つのコツ

うちの子は内向的だから「前向きではない」「主体性がない」と決めつけていませんか?(写真:Blue flash/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中1男子がいる母親です。うちの子は、内向的で前向きに行動することも、発言することもしないタイプです。
2021年度から始まった新しい中学校の評価では主体性が重視されると聞きました。うちのような子は主体性があまりなく、評価が下がることが心配です。前向き、主体的になるためにはどうしたらいいでしょうか。
(仮名:八巻さん)

主体的、前向きとはどういった状態か

小学校は2020年度から、中学校は2021年度から学習指導要領の目標や内容が変更になりました。この中で、「学びに向かう力」が重視され、従来の評価項目のひとつであった「関心・意欲・態度」は、「主体的に学習に取り組む態度」という言葉に置き換えられました。つまり、いま日本の教育の大きな柱の一つとして「主体的」が強調されています。

この連載の記事一覧はこちら

では主体性とは何かというと、これといって決まった指標があるわけではありません。「主体性の評価自体、難しい」と指摘する教育専門家の方も少なくありません。

しかし、学校での評価はさておいても、「主体的、前向きな状態は大切」と思う人は少なくないのではないでしょうか。そこで、子どもが本来持っている前向きさが引き出され、それが結果的に学校の成績に結び付けばいい、という流れで考えておくのもいいかと思います。

さて、八巻さんのお子さんは内向的ということですが、室内にひとりでいることを好むけれど、性格は前向きであることは多々あります。前向きさには、わかりやすいものと、そうではないものがあるのです。

例えば、子どもがハキハキ自分の考えを発言せず、外で人と遊ぼうとしないとなると親は心配しがちですが、それこそ一面だけを見ての評価です。内面では自分の興味がある対象には前向きであることは多くあります。

例えば、絵を書くことが好きで、人と会話をすることを好まない子どもがいたとします。すると親は、もっと社交的に、友だちと会話してほしいと願い、この子は前向きでないと捉えたりします。しかし、その子は絵に対しては「前向き」であり、充分心も満たされているのです。

次ページ前向きさがまったくない子は一人もいない?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT