公立でもできた「オンライン授業」の凄い可能性

登校再開で「なかったこと」にしていいのか?

学校の休校中に関心が高まったオンライン授業。登校再開で今後、なかったことになってしまうのでしょうか?(画像:5月27日に開催されたオンラインセミナー「6月からの授業のあり方」より。練馬区の小学校で教鞭をとる二川佳祐さんの発表より)

緊急事態宣言が全国で解除され、数カ月にわたった学校の休校も終了。分散登校といった形で、ついに学校が再開された。

休校中は、紙プリントの課題が大量に出されたりと、学びの質は自治体や学校ごとにバラつきがあった。休校が解かれほっと一息つきつつ、「子どもの教育は大丈夫なのか?」「先生の指導力はこんなもの?」と不安になった親も少なくないだろう。

休校で失われた数百日を取り戻すため、今後は「詰め込み学習」となる懸念も囁かれる。そこで今こそ考えてみたい。今後学校はどのように運営されれば、真に子どもたちのためになるのか。

公立小学校の教員など2000人の問題意識

さまざまな問題意識のもと、有志の教員たちが立ち上がった。5月27日夜に教員らが開催したオンラインセミナー「6月からの授業のあり方 〜withコロナ時代の対話的な学習とは〜」。登壇したのは20数名、休校中にオンラインで朝の会を実践し続けるなどで奔走してきた、公立小学校の教員らだ。約2時間半に及ぶこのセミナーを聞こうと、全国から2000人近い参加申し込みが殺到した。

このセミナーの発案者であり、全体のファシリテーターを務めた小学校教員の庄子寛之さん(画像:「6月からの授業のあり方」より)

発案者であり、全体のファシリテーターを務めた小学校教員の庄子寛之さん(36)はこう訴えた。

「(教え子たちを)かわいそうな“コロナ時代の子ども”にしたくない。今のままだと確実にそうなる。僕ら教員がやれることからまずやってみることが大切ではないか」

庄子さんは、調布市内の小学校に勤務している。4月頭に「オンライン授業を通してこれからの教育を考えようプロジェクト」を結成、セミナーを2人で始めたら、回を重ねるごとに人が増え、4回目には約400人が参加。5回目にあたる今回まで、ひと月半の累計の参加者は約2800人にも膨らんだ。参加した半分以上は、公立小中学校の教員だ。

庄子さんは、学校再開で出て来るであろう懸案についてこう語る。

① (早く学習の遅れを取り戻そうと)教師が焦るのではないか
② (教師が感染防止策の一環として、子どもに)しゃべってはいけない、と神経質に命じてしまうのではないか
③ 行事は中止・縮小となり、子どもの気持ちが置き去りにされてしまうのではないか
次ページ実は最近までZoom未経験だった庄子先生が…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT