専業主婦がいないと回らない日本の「構造問題」

複雑に絡み合う問題を分解する

女性の社会進出を促進させるには、日本企業の雇用形態の見直しが必要です(写真右より、東京大学大学院教育学研究科の本田由紀教授、ジャーナリストの中野円佳さん)(撮影:梅谷秀司)
東洋経済オンラインでの連載「育休世代VS.専業主婦前提社会」に大幅加筆した書籍、『なぜ共働きも専業もしんどいのか~主婦がいないと回らない構造』が発刊された。これに合わせて、本著の中で書籍や論文の引用をさせてもらった有識者らにインタビュー。第3弾は、東京大学大学院教育学研究科の本田由紀教授。

崩れつつある「戦後日本型循環モデル」

中野:本田先生は、戦後の日本において、仕事・教育・家庭の3領域において循環が起こっていたとする「戦後日本型循環モデル」と、その破綻について唱えておられます。

戦後日本型循環モデルとは若者が新卒一括採用で企業に入り、正社員になれば長期安定雇用と年功賃金を得られる。そうして家族を持つことができるようになり、父が持ち帰る賃金を受け取り母が家庭での役割を担い、次世代の子どもへの教育にも時間や費用をかけられたということですね。

(出典:本田由紀『社会を結びなおす―教育・仕事・家族の連携へ』(岩波ブックレット、2014)

しかし、それが崩れつつあります。まずバブル崩壊以降、正社員になれない人たちが増えた。家族形成できないような低賃金や劣悪な労働条件なのに、男性が稼ぎ主で、女性は家庭にといった価値観はあまり変わらない。ゆえに、共働きで支え合うという形にもなりづらく、少子化につながった。子どもに与えられる教育にも格差が出ている……これが戦後日本型循環モデルの破綻ですね。

拙著ではそれを参考に、「主婦がいないと回らない構造」の図を描かせていただきました。最初にこのモデルが崩れてきているとして提示されてから、現在に至るまでの変化をどう見ていらっしゃいますか。

次ページ「循環モデルの破綻」に企業は対応できたか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT