専業主婦を産み続ける日本の「無限ループ」

なぜ社会のOSは「専業主婦前提」のままなのか

専業主婦は「三食昼寝つき」でヒマだと揶揄されることもあるが…(写真:Puzzle / PIXTA)
新聞記者を辞めた後、会社員と女性活躍に関する発信活動、さらに大学院生と3足の草鞋を履きながらバリバリ働いてきた中野円佳さん。ところが2017年、夫の海外転勤により、思いがけず縁遠かった専業主婦生活にどっぷり浸かることに。そこから見えてきた「専業主婦」という存在、そして「専業主婦前提社会」の実態とそれへの疑問を問い掛けます。

近くて遠い、専業主婦

1980年ごろ、専業主婦世帯数は1100万を超えていた。ところがいまやそれは650万世帯を切り、一方、共働き家庭が1100万世帯に増加。かつてと趨勢を逆転させている。

それでも、内閣府の調査によると、2010年から2014年にかけて出産した女性のうち、第一子出産後も就業を継続する人の割合は53.1%。2000年から2004年に出産した女性が約4割だったのに比べ大きく増えているが、子どもを産んだあと半数は専業主婦になっているとみられる。

が、私はこれまで専業主婦の生活というものから縁遠かった。育休中に多少は専業主婦体験をしたものの、保育園に預けはじめてからは、仕事から帰ってバタバタと子どもに夕飯を食べさせ、お風呂に入れ、寝かしつける……というワーキングマザーの生活で日々、精いっぱいだった。

周囲に幼稚園に通わせる専業主婦ママがいなかったわけではない。ただ、保育園ママにとって幼稚園ママというのは、隣に住んでいても少し遠い、知らない世界の住人のように見えるのだ。もちろん幼稚園ママにとって、保育園ママもそんな感じではないだろうか。

次ページ保育園ママの側にいた私が…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。