専業主婦を産み続ける日本の「無限ループ」

なぜ社会のOSは「専業主婦前提」のままなのか

家にいると子どもたちがヒマを持て余すので、平日の夕方に習い事を入れたりするケースも見かける。が、そうすると送迎、練習・宿題をさせるなどの付帯業務が発生する。友だちの誰ちゃんのうちで遊ぶ、あるいは誰くんがうちに来る、という予定も日々入ってきて、毎日がしっちゃかめっちゃか

忙しいから働けない

子どもがいない場合や、夫の育児参加が見込める場合、一番下の子が幼稚園に行き始める年齢になれば、1日のタイムラインはだいぶ違ってくるだろう。会社と保育園を行き来して両立に息つく間もないワーキングペアレンツに比べれば相対的には忙しくはないとは思う。

だが、それなりに忙しい。そして、疲れる。幼稚園の行事のための手作り準備など突然降りかかる作業もばかにならない。手作りにこだわった料理、子どもの教育などに力を入れようとすれば、ほとんど自分の時間はない。

もちろん好きずきや、向き不向きがあるから、楽しくやっている人もいるだろう。子どもの性格などによってもだいぶ変わってくる。うまく手を抜ける人もいるだろう。でも、専業主婦が「結構忙しい」ことには変わりはない。

この忙しさが前提になってしまうと、「本当は働いたほうがいいと思っている」場合ですら、彼女たちはなかなかもう一度働き始める踏ん切りがつかない。今現状、ただでさえ慌ただしいのに、他のことが入ってくるなんて考えられない。具体的に言うと、たとえばこういったことだ。

3歳児未満の子は基本的に(必死で保活をしないと)預ける場所がない。
3歳児以上になってからは(預かり保育などを探さない限り)幼稚園のお迎えに間に合う時間の仕事しかできない。そういう仕事を見つけるのが大変だし、大した金額にならない。
3年以上も仕事を離れているブランクがあったら社会人として不安。
2人目3人目の出産、そして夫の転勤があればまた働けなくなってしまう。
小学校に入ってからも宿題とか見ないといけないし……。夫には「働いてもいいけど、家のことがおろそかになるのはやめてね」と言われる……。
次ページ「働き始められない」理由が、いくらでも出てくる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。