際限なく高度化する日本の「家事育児」の壮絶

技術革新がむしろ主婦の首を絞めてきた

「ささやかに子どものパーティを開くの。本当に簡単にね」という言葉を真に受けてはいけない(写真:Fast&Slow/PIXTA)
新聞記者を辞めた後、会社員と女性活躍に関する発信活動、さらに大学院生と3足のわらじを履きながらバリバリ働いてきた中野円佳さん。ところが2017年、夫の海外転勤により、思いがけず縁遠かった専業主婦生活にどっぷり浸かることに。そこから見えてきた「専業主婦」という存在、そして「専業主婦前提社会」の実態とそれへの疑問を問い掛けます。

前回記事(専業主婦を産み続ける日本の「無限ループ」)で、専業主婦が忙しいと書いたが、シンガポールに来て、初めて日本人の専業主婦コミュニティに出入りするようになり、驚愕したことがある。それは、「日本の専業主婦、レベル高すぎ」ということだ。

日本的な駐在妻生活

シンガポールには日本人が3万人以上いる。多くの日本人女性と知り合ったが、独身、既婚、子どものありなしはもちろん、滞在形態も永住、自分の駐在、夫の駐在とさまざま。

既婚の場合の相手も日本人、国際結婚と多様だ。国際結婚組は、妻が日本人で夫がシンガポール人という組み合わせのほか、夫がオーストラリアやニュージーランド、欧州系、インド人というケースも。日本人駐在妻にもいろいろな人がいて、専業主婦でいる人もいれば、帯同ビザで働く人も。子どもを通わせる幼稚園や学校もバラバラだ。

この連載の一覧はこちら

そんな、バラエティ豊かなシンガポール日本人女性の世界。私の場合は駐在妻といっても、夫の会社の婦人会のようなものはなく、入らないといけない奥様のグループはない。

ただ、子どもが行っているローカル幼稚園にも日本人が一定割合いるなどで、「出入り自由」な、緩いネットワークに自然と入らせてもらっている。また、私が住んでいる外国人向けコンドミニアムは駐在日本人が多く、日本人小学校や日系幼稚園のスクールバスが到着する時間帯は「ここは日本か」と見まがうような状況だ。

次ページ異国の中でより「日本らしく」強調されている側面
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。