「家事をきちんと」日本人を悩ませまくる呪縛

なぜ夫が全然手伝わない社会になったのか

日本人の家事の「当たり前」は海外の非常識だ(写真:tomos / PIXTA)
多くの日本人が、丁寧な暮らしや、家事をきちんとこなすこと、配慮の行き届いた子育てをすることを理想としている。しかし、日本人の「完璧に家事をこなそうとする姿勢」や、「手づくりなもの」への礼賛、断捨離やミニマリズムの流行は、世の母親たちへの見えない圧力になっている。
日本人の「家事の当たり前」は、海外の人には異様に映る。なぜ日本では男性の家事参加が進まないのか。『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』の著者、佐光紀子氏が、気楽で苦しくない家事との付き合い方を解説する。

海外は男がもっとやっている

2016年3月の『ニューズウィーク日本版』にこんな記事があった。

「日本は世界一『夫が家事をしない』国」(著者は教育社会学者の舞田敏彦氏)

同記事によれば国際社会調査プログラム(ISSP)の2012年の調査に参加した33カ国中、18歳未満の子どもがいる男性の家事・家族ケア分担率の割合で、日本は最下位だった。分担率は18.3%、ブービーメーカーのチリに劣ること6.2%で、断トツのビリだ。

(出典:OECD Gender data portal〔2016〕”Time use across the world”)

【2017年12月23日16時追記】初出時、「国際社会調査プログラム(ISSP)の2012年の調査に参加した33カ国中、18歳未満の子どもがいる男性の家事・家族ケア分担率」の出典を「OECD Gender data portal〔2016〕”Time use across the world”」としておりましたが、正しい出典はニューズウィーク日本版の記事でしたので、上記のように修正します。

日本の男性の家事時間は、経済大国5カ国の中では、断トツの最下位。OECD(経済協力開発機構)加盟国平均の半分にも満たない。中国、韓国などの東アジア諸国は、女性の家事負担率が高い傾向はあるが、日本は中国に10ポイント以上の差をつけられている。

日本の男性の家事参加率の低さを考えるうえで見過ごせないのが、女性側の家事に対する意識だ。2013年に三菱総合研究所が実施した「少子高齢社会等調査検討事業(若者の意識調査編)」が、男女の意識の差を明らかにしている。

調査では、男女それぞれに「結婚相手の女性に専業主婦になってほしいか」「結婚後は専業主婦になりたいか」と問いかけている。

これに対して、男性で「そう思う」「どちらかといえばそう思う」人は19.3%と2割を切る。そして半数の50.5%は、「どちらともいえない」と答えている。「まぁ、どちらでもいい」「結婚相手の意思に任せる」……ということだろう。

次ページ女性はどのように思っている?
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。