就活生の親が子に話す「アドバイス」のリアル

自立性重んじる親、「大手に行け」という親…

「大手企業に入ってほしい」「地元に帰ってきてほしい」。親の言葉は就活生の企業選びを左右する(写真:EKAKI/PIXTA)

世界のどの国・地域でも、自立は親離れを意味する。親との同居をやめて、別の場所で仕事を得て独力で生計を立てることが自立だ。しかし、近年では大人になっても親との関係を維持し、実家で暮らす若者が増えているようだ。

『就職四季報』特設サイトはこちら

就活でも親の影響は大きい。HR総研の調査でも「就職のことでよく相談する人」で最も多いのは「友人(約7割)」だが、次に多いのは「母親(約4割)だ。「父親」にも25%の学生が相談している。親子の間でどんな会話がなされ、親はどんなアドバイスを送っているのだろうか?

HR総研が現在就活中の大学生・大学院生を対象に行った「楽天みん就」との共同調査の中から、「就職活動や企業選択について、親から言われたこと」から探ってみたい。

「自主性尊重」「地元へ」「大手へ」が3大助言

子どもの就活に対する親の態度で目立つのは3つだ。まず子どもの自主性に任せる親がいる。次に目立つのは「地元」を勧める親だ。3番目は特定企業を推奨する親であり、とくに多いのは大手企業(つまり有名で優良な企業)だ。

子どもの自主性を尊重する親は、言葉が温かく子どもを信じているように見える。たぶん、幸せな親子関係なのだと思う。

「あなたの自由にしなさい」(文系・和歌山大学)

「やりがいのある仕事ならなんでもいいよ」(文系・京都府立大学)

「大企業だからいいということはない、と言われた」(文系・早稲田大学)

「自分で納得ができるということがいちばん大事だと言われた」(文系・立教大学)

「自分の行きたいところに行きなさい、有名・大手企業がすべてじゃないと言われた」(理系・日本大学)

次ページ親の就活とは時代が違う
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。