「インターンシップの受入枠が多い」TOP100社

受入人数で見える企業のインターンへの姿勢

昨年のインターンシップ合同企業説明会の様子。6月に入ると、インターンシップの受付も本格化する (撮影:尾形文繁)

6月から、大手就活ナビや企業のインターンシップへのエントリー受け付けが始まる。インターンシップから就職活動を意識し、動き出す3年生もいることだろう。

新卒採用企業の95%がインターンシップを実施

リクルートキャリアが発表した『就職白書2019』によると、2018年度は新卒採用する企業の95%はインターンシップを実施。学生も55%が参加している。近年、インターンシップは企業と学生を結ぶイベントして重視されている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

そうしたインターンシップの開催状況や企業選びの参考書として『就職四季報 企業研究・インターンシップ版』を発刊しているが、その2021年版を5月31日に刊行した。そこに掲載している1113社の最新データから、インターンシップの総受け入れ人数を編集部にて推計、算出した。

推計の受け入れ人数は、すべての開催プログラムの人数を合算し、幅がある場合は最小値を採用している。なお、応募者全員を受け入れる企業はランキングから除外している。

その多い順にならべたのが、「インターンシップの受け入れ人数が多い会社」ランキングだ。

次ページ受け入れ人数で積極性が見える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。