「インターンシップの受入枠が多い」TOP100社

受入人数で見える企業のインターンへの姿勢

昨年のインターンシップ合同企業説明会の様子。6月に入ると、インターンシップの受付も本格化する (撮影:尾形文繁)

6月から、大手就活ナビや企業のインターンシップへのエントリー受け付けが始まる。インターンシップから就職活動を意識し、動き出す3年生もいることだろう。

新卒採用企業の95%がインターンシップを実施

リクルートキャリアが発表した『就職白書2019』によると、2018年度は新卒採用する企業の95%はインターンシップを実施。学生も55%が参加している。近年、インターンシップは企業と学生を結ぶイベントして重視されている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

そうしたインターンシップの開催状況や企業選びの参考書として『就職四季報 企業研究・インターンシップ版』を発刊しているが、その2021年版を5月31日に刊行した。そこに掲載している1113社の最新データから、インターンシップの総受け入れ人数を編集部にて推計、算出した。

推計の受け入れ人数は、すべての開催プログラムの人数を合算し、幅がある場合は最小値を採用している。なお、応募者全員を受け入れる企業はランキングから除外している。

その多い順にならべたのが、「インターンシップの受け入れ人数が多い会社」ランキングだ。

次ページ受け入れ人数で積極性が見える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。