4600人調査でわかった「今の就活生」5つの特徴

データから見えるライフスタイル、考え方

就活生が使っているコミュニケーションツールや人生観は? データから読み解く (撮影:尾形文繁)

2020年卒向けの就活がスタートして1カ月あまりだというのに、あと1カ月ちょっとで2021年卒の学生のインターンシップ受け付けがスタートする。採用担当者にとっては、まさに息をつく暇もない状態だ。では、そんな採用担当者が接している就活生はどんなライフスタイルなのか。今回、マイナビが4656人の就活性を対象に実施した「2020年卒 マイナビ大学生のライフスタイル調査」を基に、「最近の就活生の特徴」をデータで読み解いていきたい。

スマホだけでなくパソコンも使いこなす

特徴1 スマホオンリー世代と考えるのは早計

アップルのiPhoneが登場し、世界をあっと言わせたのは2007年。あれから12年。IT機器、通信インフラなど、テクノロジーの進化には目が回るばかりだ。

2007年と言えば、今まさに就活本番を迎えている大学4年生はまだ小学4年生だった頃。小学校を卒業して中学に入るとごく自然にガラケー(携帯電話)を使い始め、高校時代からはスマートフォンを使いこなす、まさにデジタルネイティブ、スマホネイティブの世代といえる。

そう聞くと、「最近の若者は、パソコン離れが進んでキーボードが打てず、スマホでのフリック入力しかできない」などという噂にも信憑性があるように思えてくるが、何か事情がない限り、パソコンが使えない大学生というのは多くはないだろう。

学校の課題は、ワードやエクセル、パワポで作成していて、インターネット経由で期日までにアップロードするというのは普通だし、就活でもエントリーシートの作成にパソコンは不可欠だ。

次ページコミュニケーションはLINE
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。