就活生が陥る「やりたいこと症候群」の脱出法

「やりたい仕事」はどのように探せばよいか

「やりたいこと」はどうやって探せばいいのだろうか (写真:U-taka/PIXTA)

3月に企業の採用情報が開示され、本格的に就活が始まっている。この時期になると、「自分は何がやりたいのか?」と悩む就活生が増える。また、若手社会人も、人事異動の時期となり、環境の変化や周囲の転職を目の当たりにすることで、「本当に自分は今の仕事がやりたいのか?」と自問自答を始める人が増えてくる。

『就職四季報』特設サイトはこちら

私はこうした「やりたいことがわからない」「今のままで大丈夫か?」と悩むことは、20代の若者にとってごくごく自然なことだと考えている。

ただ、この悩みがなかなか厄介で、「やりたいこと」を探し始めると、無限ループのように考え込んでしまい、就職活動や仕事がまったく手につかなくなる。深刻なケースだと、「やりたいこともない自分はダメなんだ」と自己否定を始めてしまい、自信を喪失してしまうなんてこともある。このような状態は、20代がかかりやすい一種の病気みたいなもので、これを「やりたいこと症候群」と呼んでいる。

もちろん、「やりたいこと」を見つけることは、人生にとって非常に重要だ。しかし、そう簡単に「やりたいこと」は見つからないし、それによって自信を失ってしまっては本末転倒だ。そこで、今回は就活生や若手社会人が陥りがちな「やりたいこと症候群」を解消するための治療法を考えてみたいと思う。

やりたいことないなら「うまくいきそうなこと」を探す

やりたいこと症候群を解消するためには、まずは「やりたいこと」を探すことにアプローチし、もしダメなら「うまくいきそうなこと」にシフトして自分の人生の方向性を考えることが重要だ。つまり、「やりたいこと」が見つからないのであれば、「うまくいきそうなこと」をしばらくはやりながら、「やりたいこと」が見つかるまで探すという手法だ。

次ページ「うまくいきそうなこと」から探す長所
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。