就活生が陥る「やりたいこと症候群」の脱出法 「やりたい仕事」はどのように探せばよいか

✎ 1〜 ✎ 522 ✎ 523 ✎ 524 ✎ 最新
拡大
縮小
「やりたいこと」はどうやって探せばいいのだろうか (写真:U-taka/PIXTA)

3月に企業の採用情報が開示され、本格的に就活が始まっている。この時期になると、「自分は何がやりたいのか?」と悩む就活生が増える。また、若手社会人も、人事異動の時期となり、環境の変化や周囲の転職を目の当たりにすることで、「本当に自分は今の仕事がやりたいのか?」と自問自答を始める人が増えてくる。

『就職四季報』特設サイトはこちら

私はこうした「やりたいことがわからない」「今のままで大丈夫か?」と悩むことは、20代の若者にとってごくごく自然なことだと考えている。

ただ、この悩みがなかなか厄介で、「やりたいこと」を探し始めると、無限ループのように考え込んでしまい、就職活動や仕事がまったく手につかなくなる。深刻なケースだと、「やりたいこともない自分はダメなんだ」と自己否定を始めてしまい、自信を喪失してしまうなんてこともある。このような状態は、20代がかかりやすい一種の病気みたいなもので、これを「やりたいこと症候群」と呼んでいる。

もちろん、「やりたいこと」を見つけることは、人生にとって非常に重要だ。しかし、そう簡単に「やりたいこと」は見つからないし、それによって自信を失ってしまっては本末転倒だ。そこで、今回は就活生や若手社会人が陥りがちな「やりたいこと症候群」を解消するための治療法を考えてみたいと思う。

やりたいことないなら「うまくいきそうなこと」を探す

やりたいこと症候群を解消するためには、まずは「やりたいこと」を探すことにアプローチし、もしダメなら「うまくいきそうなこと」にシフトして自分の人生の方向性を考えることが重要だ。つまり、「やりたいこと」が見つからないのであれば、「うまくいきそうなこと」をしばらくはやりながら、「やりたいこと」が見つかるまで探すという手法だ。

次ページ「うまくいきそうなこと」から探す長所
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT