「副業で年2000万円稼ぐ男」に学ぶキャリア戦略

評価を高めるには「個人で稼ぐ力」が重要だ

31歳で年収1000万円超、さらに副業でも2000万円稼ぐ次世代型サラリーマンmoto氏にこれまでのキャリアとその戦略を聞いた (筆者撮影)

今、「moto」というアカウントが注目を集めている。Twitter上で「転職」「年収」「副業」というキーワードで検索すると、moto氏のツイートに行き当たる。キャリアや収入に悩む20代を中心に支持されているようだ。なぜ、moto氏が20代の若者を中心に支持されているのか。

それは本業と副業の2足のわらじで、本業では年収1000万円、副業ではなんと年に2000万円を稼ぎ出す次世代型のサラリーマンだからだ。

『就職四季報』特設サイトはこちら

短大卒で地方のホームセンターからキャリアをスタートしたmoto氏は、転職を繰り返すことで、大きく年収を上げ、同時に副業でも大きく稼いでいる。さらに、2019年初夏には、自身のキャリア感や思考をまとめたビジネスマン向け書籍の出版も控えている。

今回、moto氏と同じ世代で、20代のキャリア支援を行う筆者が、彼の経歴をひも解きつつ、キャリアについての考え方を取材した。20代を中心に、「転職」や「年収」に関して悩みを抱える人たちの参考になればと思う。

31歳短大卒で年収1000万円プラス副業収入2000万円

【moto氏プロフィール】
31歳で5社目のジョブホッパー。サラリーマン年収は1000万円超、副業での年収は2000万円。「転職」「年収」「副業」の話が得意。転職者向けのブログなどを運営している。
Twitterフォロワー数:38,810(2019年2月20日時点)
Voicyフォロワー数:10,302(2019年2月20日時点)

――サラリーマンをやりながら、なぜ副業で「2000万円」も稼げるのですか。

まず、収入の内訳を説明します。サラリーマン(本業)として所属している企業では、営業部長の職に就いています。一方の副業は、ブログやTwitter、noteなどを運営しています。ざっと説明すると、次のようになります。

次ページ仕事内容と収入の内訳
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT