「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代

年収300万円時代を生き抜く「マイクロ起業」

会社を辞めずに起業する、「マイクロ起業」で収入を増やす(写真 : naka / PIXTA)

前回のコラムでは、「おカネは会社から支給されるもの」という刷り込み、言わば「給料脳」の危険性を説いた。そのうえで「給料脳」から脱却し、会社員をしながらこの「稼ぎ脳」を持つ必要性を説明した。

今回は、「稼ぎ脳」を持つ方法=「会社を辞めずにできるマイクロ起業」の具体的な実例を挙げてみたいと思う。

井上雅史さん(39歳・仮名)は、パソコンやスマートフォンのアプリなど、いわゆる「ガジェット」の情報を集めるのが大好きな会社員。お気に入りのガジェットを見つけてはブログで公開していた。するとある日、とある雑誌社から「取材したい」という連絡が……。井上さんのブログにはいつしか愛読者が増えていた。人気ブロガーになる日も近いだろう。

ワイン商社に勤務していた佐藤真奈美さん(33歳・仮名)。ワイン好きが高じてワインソムリエの資格を取得し、ブログで情報を発信し始めた。ワイン好きが集まる食事会や自分の持っているワインの知識をもとに、ミニセミナーも開催。いつしかワイン専門誌から連載コラムのライターの仕事を引き受けるまでになっていた。それから2年が経ち、現在はフリーのワインアドバイザーとして活動。月の収入も30万円を超えるようになってきている。

27歳の現役看護師がダイエットトレーナー業に挑戦

会社を辞めずに小資本でも始められる「自分発のビジネス」の具体的方法を、1000人以上の独立起業希望者を成功に導いた起業コンサルタントの著者が豊富な実例とともに解き明かす。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

起業というと、自分には縁がないと思う方も多いだろう。しかし、ここ数年でがらりと状況が変わってきている。SNSの普及によって、井上さんや佐藤さんのような「マイクロ起業」を始める人が急増しているのだ。「マイクロ起業」とは、「手元資金1万でもOK。ビジネス経験不要。1人でもできる。年間収入500万円~」のビジネスのこと。私はこのマイクロ起業を教える起業スクールを運営しているが、会社を辞めずに月30万円以上稼ぐマイクロ起業家が数多く誕生している。

さらに事例を紹介しよう。中野真司さん(27歳・仮名)は、大分県で病院勤務をしている現役の看護師だ。所属は救急病棟。目の前で命を落とす患者さんに数多く立ち会ううちに、病気にならない生き方の必要性を痛感した。

次ページ知識や経験を商品にする副業
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT