Youtuberになるには、どんな学部がいいのか

就職を意識した高校生のための進路相談<2>

若者に人気のYouTube。ユーチューバーで一獲千金も夢ではないが…(写真:Flatpit / PIXTA)
高校生が将来の就職を見越して大学や学部を選択するにはどうすべきか?大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が高校生の進路相談について回答する2回目。今回はYoutuber(ユーチューバー)になりたい高校生からの質問です。

 

石渡さんへの質問はこちら

質問:初めまして。高校2年生男子です。おもしろ動画を見るのが好きなので、最近人気のHIKAKINのようなユーチューバーになりたいと思っています。大学に進学するとしたら、情報系学部の方がいいでしょうか?

回答:2ちゃんねる・ひろゆきとの対談動画でフルボッコにされたことが、今でも話題になる石渡です。それなら「動画サイトは嫌いか」と言えばそんなことはなく、おもしろ動画はよく見ています。

ユーチューバーに高度な編集技術は必要ない

今回は、ユーチューバーになるために情報系学部へ進むべきか、というご質問です。学部のこと以外に、ユーチューバーの職業やビジネスモデルについても考えたほうがいいと思いますので、その2点についてお答えします。

そもそも、動画は誰でも簡単に投稿できるはず。特殊な音響・照明などを使う、ということであれば、美術・演劇・メディア関連の学科が適しています。しかし、簡単に投稿できる動画でよければ、情報系学部への進学が絶対条件ではありません。

情報系学部に進学すれば、多少の編集技術は学べるでしょう。しかし、ユーチューバーにとって、編集技術の有無よりも、面白いコンテンツを作れるかどうかのほうが重要です。そして、おもしろ動画を作る企画立案能力は教わるものではありません。初歩的なものならまだしも、最後は自分で身に付けていくしかないのです。

ということは、情報系学部であっても、それ以外の学部であっても関係ないということになります。「なんだ、どこでもいいのか!」というあたりで回答を終えてもいいのですが、私が気になるのは、むしろ、ユーチューバーという職業そのものについてです。

次ページユーチューバーを本業にできるのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT