夜の街で働く「副業キャバ嬢」がいなくなる日

"副業する人"を襲う「マイナンバー」の恐怖

昼はOL、夜はキャバ嬢というあのコに危機が迫っています(写真:KAORU / PIXTA)

10月中旬から、いよいよ各家庭にマイナンバー(個人番号)の通知カードが送られてくる。個人は紛失しないように気をつけなければいけないし、会社の担当者は従業員や取引先から必要なマイナンバーを集めるのに苦労しそうだ。

そんな中にあって、意外な職業が大きな影響を受けるかもしれない。それは、夜の街で働くキャバクラ嬢たちだ。

キャバ嬢サクラの悩みとは

8月のある夜、筆者は東京・六本木にある某キャバクラを訪れた。いつものようにサクラ(仮名、28、未婚)を指名した私は、彼女と次のような会話をした。

門倉:あれ、サクラちゃん、浮かない顔しているけど、何か悩んでいることでもあるの?

サクラ:あっ、いいえ、なんでもないんです。すみません、ボーっとしてしまって。

・・・サクラはあわてて、水割りのグラスを私のコースターに乗せた。

門倉:悩みがあるなら相談に乗るから、何でも言ってごらんよ。

週刊東洋経済10月3日号(9月28日発売)の特集は『いよいよ来るぞ マイナンバー』です。個人番号で税、社会保障、災害対策を一元化、将来は預金口座にもひも付くことに。そのメリットは?セキュリティは?全50ページで徹底検証しました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

・・・サクラは少し躊躇する様子を見せたが、私に促されるままに、自分の悩みを打ち明けてきた。

サクラ:来年1月から、マイナンバー制度が始まると、キャバクラで副業していることが会社にバレてしまうかもしれないって周りの女の子たちが話していて・・・・。私も会社には内緒で働いているので。本当にバレてしまうんですかね?

・・・サクラは中小企業の正社員として働いているが、会社の業績が振るわず、年収は280万円程度。生活費や遊興費の足しにするため、3年ほど前から、アフターファイブはキャバクラのホステスとして働くようになった。

ホステスとしての年収は200万円ほどになるが、これまでサクラはホステスとして働いた分の所得を税務署に確定申告していなかった。確定申告の意味さえ、よくわかっていないようだった。

次ページ確定申告していなくても税務署は気がつかず?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT