Youtuberになるには、どんな学部がいいのか

就職を意識した高校生のための進路相談<2>

おもしろ動画を投稿して話題を集めて、ヒット件数を増やしていく。その件数に応じたインセンティブをもらい、それで生計を立てる、というのがユーチューバーです。一時、YoutubeがHIKAKINやバイリンガールらが登場する「好きなことで生きていく」というCMを流していました。あのCMを見て、「よし、自分も!」と考えた中・高生も少なからずいました。

ユーチューバーに4つのリスク

しかし、これからユーチューバーとして参入するのには、大きく4つのリスクがあると考えています。

1)ネタの出尽くし感とそれに伴う過激化

実は、先行するユーチューバー成功者たちもネタがどんどん出尽くしているのです。それでも、成功したユーチューバーなら、スポンサー探しも可能です。

たとえば、入浴剤を扱うメーカーや卸会社に交渉。それで入浴剤を無茶に100個くらいまとめて使ってみる。最後にはその入浴剤のリンクを貼っておく。そうすれば、それなりの金額はスポンサーから引っ張れます。実際、トップクラスのユーチューバーは、企業とスポンサー契約を結ぶことで、収入を獲得しています。

しかし、あなたのように、これから新規参入する人は最初からスポンサー契約など望めるはずもありません。地道に再生回数を増やせる工夫を凝らしていくしないのです。そのために、コンテンツの内容はどんどん過激化していくはずです。

2015年5月には、善光寺の境内にドローンを飛ばしたユーチューバーの中学生が逮捕されました。彼はほかにも、親とのケンカなど、かなり痛々しい動画を流していました。それによって、中学生にしては結構な金額を稼いでいたようですが、同様のことが何十年も続けられるわけがありません。過激化とはドローン少年のようなものばかりではなく、アニメやテレビ番組などを勝手に投稿する違法行為も含まれます。

あるいは、「マリオメーカー」のようなゲームで難しい場面をクリアしようと、何時間、何十時間も費やす。これだって「過激化」に含まれるでしょう。私や視聴する側からすれば、難しい場面をクリアする様子を見れば、「おお、すごい」と思います。それで、再生回数もしばらくは増やし続けられるでしょう。

しかし、その代償として、莫大な時間を費やすことになります。その時間に見合う金額を、本業として稼げるまでになれるのでしょうか?そもそも、「マリオメーカー」1本で何年も持つわけがありません。

次ページ再生回数が多くても収入激減の危険も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。