「有名人の飲食店」どこで明暗が分かれるのか

元木大介氏のラーメン店「しくじり」が話題に

飲食店経営は甘い世界じゃない(写真:Graphs / PIXTA)

9月14日(月)よる7時からテレビ朝日系で放送されるバラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。この3時間スペシャルに登場予定の元プロ野球選手でタレントの元木大介氏が、番組内で明かす「過去の大失敗についての激白」が放送前から話題になっている。

『しくじり先生』は過去に大きな失敗を体験した有名人の「しくじり先生」が
、タレントや芸人などが扮するしくじり学園の生徒たちに、みずからの失敗(しくじり)とともにそこから得た教訓を、オリジナルの教科書やVTRなどを使いながら教えていく番組だ。昨年10月に深夜帯でスタートした後、異例の人気を得て今年4月からゴールデン帯に昇格。時折、放送内容がネットニュースやSNSなどで話題になっている。

夏の甲子園での大活躍、読売巨人軍のドラフト1位という華々しい経歴を持つ元木氏が今回の放送で明かすのは、ラーメン店経営の失敗だ。

元木大介氏は4年でラーメン店3店を潰した

元木氏は2005年の現役引退から5年後の2010年に、かねてからの夢だったラーメン店を東京・仲御徒町にオープン。2012年には2号店を広尾に出店したものの両店とも閉店し、2013年に足立に移転させた1号店も2014年末にひっそりと畳んだ。たった4年間で3店を潰し、夢破れる格好となった。

詳しい事情は番組を見てみないと分からないが、事前告知を見ると元木氏は今回、「閉店に追い込まれた辛い経験と副業で失敗しないための教訓」などを語るようだ。

本業にせよ、副業にせよ、元木氏のような元プロスポーツ選手や芸能人といった有名人が飲食店経営を手掛けるケースは時折、見掛ける。ただ、元木氏のようにうまくいかないケースも少なくない。

次ページ「抜群の宣伝効果」という落とし穴
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT