就活「3年で新卒の3割離職」が解消されない背景

学生の理解だけでなくキャリア教育にも原因

時代が変わっても新入社員が離職する割合は変わらない (写真:EKAKI/PIXTA)

今年のゴールデンウィーク(GW)は史上最長の10連休となり、毎年恒例の「5月病退職」も急増したようだ。退職代行サービスへの問い合わせも増加しており、多くのニュースで取り上げられていた。

『就職四季報』特設サイトはこちら

この「5月病退職」とは、慣れない環境で心身ともに疲弊した新入社員が、入社後1カ月足らずで長期連休(GW)に入るため、休暇中に仕事へのモチベーションが下がり、職場復帰できなくなるという現象だ。

正直、客観的な見方をすると、入社1カ月時点での「5月病退職」には、退職しないほうがいいと思えるケースも少なくない。

いつの時代でも新入社員は3年で3割辞める

もちろん入社した会社がブラック企業であったり、業務内容がまったく合わなかったりした場合は、短期離職であっても、退職して次の職場に移ったほうがいい。ただ、一時の感情によって衝動的に退職していることが多いため、短期離職によって転職活動が苦戦し始めると、「辞めなきゃよかった」なんてことを言い出す人もいる。

この5月病退職を乗り越えても、新入社員は徐々に辞めていき、入社から3年も経過するとその3割が辞めてしまうことはよく知られている。厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況」によると、直近20年では、ほぼすべての年度卒が30%を超えている。最も高いのが2004年度卒で、36.6%、唯一30%を切ったのはリーマンショック直後の2009年卒の28.8%だった。

次ページ離職率とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。