就活「3年で新卒の3割離職」が解消されない背景

学生の理解だけでなくキャリア教育にも原因

時代が変わっても新入社員が離職する割合は変わらない (写真:EKAKI/PIXTA)

今年のゴールデンウィーク(GW)は史上最長の10連休となり、毎年恒例の「5月病退職」も急増したようだ。退職代行サービスへの問い合わせも増加しており、多くのニュースで取り上げられていた。

『就職四季報』特設サイトはこちら

この「5月病退職」とは、慣れない環境で心身ともに疲弊した新入社員が、入社後1カ月足らずで長期連休(GW)に入るため、休暇中に仕事へのモチベーションが下がり、職場復帰できなくなるという現象だ。

正直、客観的な見方をすると、入社1カ月時点での「5月病退職」には、退職しないほうがいいと思えるケースも少なくない。

いつの時代でも新入社員は3年で3割辞める

もちろん入社した会社がブラック企業であったり、業務内容がまったく合わなかったりした場合は、短期離職であっても、退職して次の職場に移ったほうがいい。ただ、一時の感情によって衝動的に退職していることが多いため、短期離職によって転職活動が苦戦し始めると、「辞めなきゃよかった」なんてことを言い出す人もいる。

この5月病退職を乗り越えても、新入社員は徐々に辞めていき、入社から3年も経過するとその3割が辞めてしまうことはよく知られている。厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況」によると、直近20年では、ほぼすべての年度卒が30%を超えている。最も高いのが2004年度卒で、36.6%、唯一30%を切ったのはリーマンショック直後の2009年卒の28.8%だった。

次ページ離職率とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT