就活生がいま知っておくべき「内定のサイン」

「6月1日は空けておいて」は重大メッセージだ

選考活動の解禁は実際には6月1日だが、それ以前に企業が内定をほのめかす「サイン」を出す場合がある(写真:shimi/PIXTA)

2020年卒の新卒採用戦線の動きは早かった。早まった理由は天皇の退位と即位だ。5月1日が即位の日となり、平成から令和へと元号が変わるが、同時に祝日となったことで、4月27日からは5月6日まで10連休となる。その前に採用活動の目鼻をつけたいと考える企業が多く、4月に選考のピークを迎えた。

すでに多くの学生が内定(内々定)を得ているが、正式な手続きを済ませた学生は少ないはずだ。なぜなら、「採用選考に関する指針(経団連)」が選考活動は6月1日以降と定めているからだ。この指針は2021年卒採用からなくなることになっているが、2020年卒には適用される。

『就職四季報』特設サイトはこちら

表向き5月末まで学生を選考しないのだから、内定があるはずはない。しかし、実質的な選考プロセスはとうの昔に始まっており、採用要件を満たす学生を他社に採られないようにしたい。そこで内定の意図を学生に伝えようとする。

どんな態度や言葉が内定サインとして使われているのか? 2019年卒の学生の経験を紹介してみたい。使用するデータは、HR総研と楽天みん就の共同調査「2019年卒学生 就職活動動向調査」の中で聞いている、「今思えば、あれは内々定のサインだったかも」に対する回答だ。

4月中に採用のメドをつけたい企業は多い

今回の調査でコメントしてくれた学生は314人だが、「内定通知書をもらった」(文系・上位私立大)という学生は1人だけだ。この時期までに書類手続きを行う企業はそれほど多いわけではない。ただ「内々定」と明言する企業はかなり多い。

学生は面接で自分が通ったのかどうかを早く知りたいので、結果を知らせてもらえれば大歓迎だ。

「内々定が出た際には電話で丁寧に連絡をいただきました」(文系・旧帝大クラス)

「電話で正式に内々定をいただいた」(理系・上位国公立大)

「人事の方から、『内々定という形で今後ご案内していきます』という旨の発言があった」(理系・旧帝大クラス)

「最終面接を受けたときにその場で内々定を明言された」(文系・上位国公立大)

次ページ「6月1日来社」の重要な意味
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。