「就活川柳」、売り手市場の学生が哀し過ぎる

5・7・5から垣間見える、就活生の本当のホンネ

「就活川柳」から読み取れる、就活生の本音とは? (写真:maroke / PIXTA)

就職活動の経験を、川柳や短歌に込めるとどうなるのか――。

今回は、HR総研がリブセンスの「就活会議」と共催で、5年ぶりに募集した「就活川柳・短歌」の入選作品から、2019年入社を目指して活動した(活動中の)就活生のホンネを見てみたい。

「就職四季報」特設サイトはこちら

そもそも、川柳は俳句と同じ「5・7・5」の17音で構成されるが、違いはどこにあるかご存じだろうか。大きく2つあり、1つは、形式的な違いだ。俳句では、季語(季節を表す言葉)と切れ字(「や」「かな」「けり」など)が欠かせないが、川柳はこだわらない。また、俳句は主に文語表現であるが、川柳は主に口語表現が用いられる。

もうひとつの違いは、内容的な違い。俳句は季節や自然を対象にして、感動を表現することが多いのに対し、川柳の対象は身近な事柄だ。

それも感動ではなく、風刺や滑稽である。やりきれない思い、受け入れがたい理不尽なものに対する、「いやだ」という気持ちの発露なのである。

ちなみに、俳句や短歌を作ることを「詠む」と言うが、川柳は「詠む」とは言わない。川柳は「吐く」と言う。のみ込めないものを吐き出すのが川柳なのである。それを踏まえて、ぜひ、入選作品を楽しんでもらいたい。

心も”残高不足”になりがち

まずは、最優秀賞から。

不合格 心もSuicaも チャージ切れ (東京都 ピリオドさん)

地方の学生が東京へ出てきて活動するのと比べれば、都内の学生の移動交通費はそれほどではないかもしれない。ただ、応募先1社だけでも、インターンシップ、セミナー・説明会、OB・OG懇談会、そして複数回にわたる面接と、何度も足を運べば交通費もばかにならない。

この間チャージしたばかりのSuicaはもう残高不足になるわ、応募先からは「お祈りメール」(「今後のご活躍をお祈り申し上げます」という不合格のお知らせ)が届くわとなれば、心が萎えて折れそうになるのも無理はない。ぜひ心のチャージをたっぷりしてほしいものだ。

次ページ「お祈りメール」は定番の話題
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT