就活後半に聞いた「就職人気企業」トップ300

JR東、オリエンタルランドが前半からアップ

後半の就職人気ランキングでは、JR東日本が5位にランクアップ。合同企業説明会でも、学生の人気は高かった (撮影:今井康一)

来年の入社を予定する「2019年卒就活」は6月の中旬までに、多くの学生が内定を決め、終了モードとなっている。

各就職情報会社の内定状況調査を見ても、リクルートキャリア・就職みらい研究所が実施する7月1日時点の内定率調査が81.7%、マイナビの6月末時点の内定率調査が76.3%という数字だ。

「就職四季報」特設サイトはこちら

しかし、内定を得ても「もっといい会社があるのではないか」と、就職活動を続けている就活生は相当数いる。さらに「志望企業を絞りすぎて全滅してしまった子が少なくない」(都内大学のキャリアセンター担当者)という声もある。就活生に有利な売り手市場を過信しているのか、全体的に会社説明会への参加回数やエントリーシートの提出数といった、就活生の活動量は確実に減っている。しかし、その結果、6月になって”持ち駒”がなくなるという人も増えている。

売り手市場を過信し、活動量が低下

そうした就活終盤戦の状況だが、学生は就活を通して、企業の見方がどう変わったのか? そのヒントになるデータが「就活後半に学生に聞いた人気企業ランキング」だ。

データは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしており、同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2019年春卒業予定の大学生や大学院生が調査対象者となっている。

次ページ1、2位は前半と同じ、あの会社
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。