最新!「平均年収が高い会社」ランキング300

子会社・未上場も掲載、1000万円以上は41社

1位はセンサーなどの計測機器や制御機器を作るキーエンス。平均年収は36.1歳で1861万円だ (撮影:尾形文繁)

2月も終わりに近づき、就職活動の本番が目前に迫っている。3月1日以降、ますますあわただしくなるはずだ。残りわずかの間に、できるだけ企業研究を進めておいてほしい。

「就職四季報」特設サイトはこちら

モノやサービスの値上げが相次ぐ中、会社選びにおいて、高い給料が確保できるかどうかは、誰もが気になるところだろう。だが、企業の新卒採用ホームページを見ても、初任給しか掲載されていないことが多く、実態がつかみづらいのが現状である。

そこで参考にしたいのが、「平均年収」だ。しかし、この平均年収、上場会社であれば『会社四季報』や有価証券報告書で確認できるが、未上場で開示している会社はごく限られる。また、持ち株会社が上場している場合、実際の勤め先となる事業会社のそれとは、異なることも多い。

未上場会社も含めた年収ランキング

ここで活用してほしいのが、『就職四季報2019年版』(総合版、女子版、優良・中堅企業版が発売中)だ。上場・未上場の区別なく平均年収を掲載しており、さらに総合職と、非現業、それぞれの平均年収を調査している点が大きな特徴である(総合版は総合職平均を優先的に掲載)。

今回、総合版の掲載会社1293社のうち、「平均年収」が開示されている1113社の中から、「平均年収が高い」上位300社をランキングとして集計した。ここでランキングを紹介したい。

次ページマスコミ・広告、総合商社が上位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT