最新!「平均年収が高い会社」ランキング300

子会社・未上場も掲載、1000万円以上は41社

1位はセンサーなどの計測機器や制御機器を作るキーエンス。平均年収は36.1歳で1861万円だ (撮影:尾形文繁)

2月も終わりに近づき、就職活動の本番が目前に迫っている。3月1日以降、ますますあわただしくなるはずだ。残りわずかの間に、できるだけ企業研究を進めておいてほしい。

「就職四季報」特設サイトはこちら

モノやサービスの値上げが相次ぐ中、会社選びにおいて、高い給料が確保できるかどうかは、誰もが気になるところだろう。だが、企業の新卒採用ホームページを見ても、初任給しか掲載されていないことが多く、実態がつかみづらいのが現状である。

そこで参考にしたいのが、「平均年収」だ。しかし、この平均年収、上場会社であれば『会社四季報』や有価証券報告書で確認できるが、未上場で開示している会社はごく限られる。また、持ち株会社が上場している場合、実際の勤め先となる事業会社のそれとは、異なることも多い。

未上場会社も含めた年収ランキング

ここで活用してほしいのが、『就職四季報2019年版』(総合版、女子版、優良・中堅企業版が発売中)だ。上場・未上場の区別なく平均年収を掲載しており、さらに総合職と、非現業、それぞれの平均年収を調査している点が大きな特徴である(総合版は総合職平均を優先的に掲載)。

今回、総合版の掲載会社1293社のうち、「平均年収」が開示されている1113社の中から、「平均年収が高い」上位300社をランキングとして集計した。ここでランキングを紹介したい。

次ページマスコミ・広告、総合商社が上位
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。