「中小企業でも年収が高い会社」ランキング

1位はGCAで2139万円、2位が九州朝日放送

全上場企業でも年収トップのGCAの本社。東京駅からほど近い、パシフィックセンチュリープレイスのビルにある (撮影:梅谷秀司)

大学の期末試験が終わると、就活生にとっては、活動に本腰を入れる時期となる。すでに、冬のインターンシップに参加したり、一部企業で始まっている選考に臨んだりと、忙しく過ごしている就活生も多いだろう。ただ、企業がエントリー受付を始めるのは、あくまでも3月。残り1カ月の時間を有効活用し、企業研究を進めてほしい。

その企業研究では、ぜひ、”少数精鋭の中小企業”にこそ、目を向けてもらいたい。大手企業に比べて、地方企業や中堅・中小企業は、売上高が小さい分、待遇や給与面も劣るイメージを持っている人が多いかもしれない。しかし、実際には従業員が少なくても、大手並み、いやむしろ大手より、年収がずっと高い企業は多数存在する。

そうした企業は、少ない従業員数で大きな利益を稼ぎ出しており、機動力や柔軟性に優れた組織作りに成功していることが多い。大企業ならではの堅実さ、安定感も魅力だが、入社後の働きやすさの面では、中堅・中小企業の方に分があるケースもあるのだ。

大手企業よりも好待遇の中小企業は多い

「就職四季報」特設サイトはこちら

『就職四季報 優良・中堅企業版2019年版』は、有名な大企業が多く掲載さている『総合版』とは異なり、有力な中堅・中小企業や、全国各地の優良企業約5000社の情報を収録している。個別企業ごとの採用動向や働きやすさを表す指標について、アンケートベースで調査を行い、企業の特色や近況はもちろん、採用窓口をはじめエントリーや選考時期についても掲載しているので、ぜひ企業研究の参考にしてほしい。

近年上場したばかりのベンチャー企業や、地方の有力企業といった、採用情報を手に入れにくい企業も多数調査しているので、Uターン、Iターンを志望する就活生の情報収集にも活用できるだろう。

今回は『就職四季報 優良・中堅企業版2019年版』より、一般的に中小企業の定義とされている、従業員300人以下の中小規模の会社に絞った「平均年収が高い」上位200社を紹介していきたい。

次ページ対象は従業員300人以下の企業
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。