大卒30歳賃金が高いトップ200社ランキング

1位サイバーエージェントは月給53.4万円

大卒30歳賃金で1位になったサイバーエージェントは、2016年4月からテレビ朝日と組んで、インターネット放送局「Abema TV」を開局。開局時の式典で壇上に上がる藤田晋社長 (撮影:今 祥雄)

「給料はどのくらいなのか?」。

就職活動中の学生がまず気にするのが、志望企業の初任給かもしれない。しかし、その会社の本当の給与水準を知るためには、初任給とあわせて、一定年数経過後の金額も知っておきたいところだ。

最高額と最低額で、社内同期の「差」も見える

『CSR企業総覧2018年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

そこで、今回は『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2018年版の掲載データを使い、「大卒30歳平均賃金」ランキングを作成した。30歳は、仕事にも慣れ、職場では少しずつリーダーとして活躍し始める時期。結婚する人も出てくるだろうし、定期的な支出も増え、それなりの収入も必要になってくる。入社する前に、その頃の賃金水準を知ることができれば、将来の生活もイメージしやすい。

データは、大卒・総合職の「実在者平均の月例賃金」を基本とするが、一部例外もある(ランキング下の「注」を参照)。表中の「注」には、各社の賃金の算出条件などを記載している。さらに「最高」「最低」の金額も、開示がある場合は掲載した。

では、ランキングを見ていこう。1位はネット広告を中心に、最近はテレビ朝日との合弁でネットテレビ局「Abema(アベマ)TV」などにも積極的に展開している、サイバーエージェントだ。AbemaTVは、元SMAP3人のメンバーによる『72時間ホンネテレビ』を実現したことで、業界で大きな話題を呼んだ。大卒30歳の平均賃金は、53万4204円。最高は150万円、最低は29万円と、差も大きい。同社の平均年齢は31.7歳と若いが、平均年収でも779万5000円と、高いレベルにある。

次ページサイバーでは社内起業家も募集
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT