「20代社員の労働時間が長い業界」ランキング

1位総合工事、2位貨物運送、4位自動車整備

労働時間が長い業界ランキングの1位は総合工事業。2020年東京五輪などの影響で、かなり労働負荷が高まっている (写真:PIXTOKYO / PIXTA)

今年の就職活動で目立ったのは、就活生が「働き方」を企業選びの大きな基準にしていたことだ。特に、「残業時間の長さ」など労働時間の条件については、かなり慎重に吟味していたように思える。これから就活をする大学3年生や大学院1年生にとっても同様だろう。

20代後半の”年間の総労働時間”でランキング

9月28日に「最新版!『月額給料が高い業界』ランキング」 では、厚生労働省が発表している、賃金構造基本統計調査を使い、業界ごとの月収の大小について、ランキング形式で解説した。今回は「労働時間」について、業界ごとの特徴を探っていきたい。

今回、残業時間ではなく労働時間を基準にしたのは、理由がある。残業が多い少ないという前に、所定労働時間(拘束時間)も企業によって異なっている。残業が少なくても、所定労働時間が法定と同じの8時間だったり、休みが週1日だけの会社もある。そうしたことを考慮すれば、残業時間に所定内実労働時間を加えた、トータルの”総労働時間”で判断したほうがいいだろう。

労働時間に関しては年換算している。賃金構造基本統計は毎年6月の状況を調査対象にしているため、月ごとの休日数や繁閑期の違いによってトータルの数字は実態とずれている可能性があるものの、業界ごとの傾向がわかるはずだ。全体の平均値は2172時間(所定内実労働時間が月163時間、残業時間が月23時間)である。

また、賃金構造基本統計調査の数字を基に年収を推計しているが、同時に労働時間で割って、時給も算出している。賞与も含んだ金額になるが、各業界の労働単価の水準を参考までにご覧いただきたい。

次ページ最長は総合工事業
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT