「残業少ないのに給料が高い」83社ランキング

年収700万、月残業15時間以下の好条件企業

残業が少ないのに給料が多い、社員にとって好条件の会社はどんな会社か (写真:けいぞう / PIXTA)

今年の就職活動の大きなテーマとなっているのが「働き方改革」。政府が掲げた政策ではあるが、電通過労死事件などをきっかけに注目度が上がり、長時間労働に対する学生の関心は高まっている。

就活生は残業時間に注目している​​​​

今の就活生からは、残業時間や有給休暇取得率など、職場環境への質問が相次いでいる。残業時間が比較的少ない企業や、福利厚生が充実している企業は、それを格好のPRの材料に使っているようだ。

しかし、就活生の中には、残業が少ない分、給料も少ないのでは、という懸念を抱く人もいるかもしれない。給料が高水準の会社は、仕事もハード、というところも多いからだ。給料を取るか、自分の時間を取るかで、悩んでいる人も少なくないだろう。

「残業がそんなに多くないのに、給料が多い会社がないだろうか」――。企業探しを続けている就活生のために、今回作成したのが、「給料が高いのに残業は少ない会社ランキング」だ。

次ページ対象は700万円以上・残業15時間以下
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。