「残業少ないのに給料が高い」83社ランキング

年収700万、月残業15時間以下の好条件企業

残業が少ないのに給料が多い、社員にとって好条件の会社はどんな会社か (写真:けいぞう / PIXTA)

今年の就職活動の大きなテーマとなっているのが「働き方改革」。政府が掲げた政策ではあるが、電通過労死事件などをきっかけに注目度が上がり、長時間労働に対する学生の関心は高まっている。

就活生は残業時間に注目している​​​​

今の就活生からは、残業時間や有給休暇取得率など、職場環境への質問が相次いでいる。残業時間が比較的少ない企業や、福利厚生が充実している企業は、それを格好のPRの材料に使っているようだ。

しかし、就活生の中には、残業が少ない分、給料も少ないのでは、という懸念を抱く人もいるかもしれない。給料が高水準の会社は、仕事もハード、というところも多いからだ。給料を取るか、自分の時間を取るかで、悩んでいる人も少なくないだろう。

「残業がそんなに多くないのに、給料が多い会社がないだろうか」――。企業探しを続けている就活生のために、今回作成したのが、「給料が高いのに残業は少ない会社ランキング」だ。

次ページ対象は700万円以上・残業15時間以下
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT