「残業少ないのに給料が高い」83社ランキング

年収700万、月残業15時間以下の好条件企業

残業が少ないのに給料が多い、社員にとって好条件の会社はどんな会社か (写真:けいぞう / PIXTA)

今年の就職活動の大きなテーマとなっているのが「働き方改革」。政府が掲げた政策ではあるが、電通過労死事件などをきっかけに注目度が上がり、長時間労働に対する学生の関心は高まっている。

就活生は残業時間に注目している​​​​

今の就活生からは、残業時間や有給休暇取得率など、職場環境への質問が相次いでいる。残業時間が比較的少ない企業や、福利厚生が充実している企業は、それを格好のPRの材料に使っているようだ。

しかし、就活生の中には、残業が少ない分、給料も少ないのでは、という懸念を抱く人もいるかもしれない。給料が高水準の会社は、仕事もハード、というところも多いからだ。給料を取るか、自分の時間を取るかで、悩んでいる人も少なくないだろう。

「残業がそんなに多くないのに、給料が多い会社がないだろうか」――。企業探しを続けている就活生のために、今回作成したのが、「給料が高いのに残業は少ない会社ランキング」だ。

次ページ対象は700万円以上・残業15時間以下
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT