最新版!「就職人気ランキング」トップ300社

トップはANA、2位が三菱東京UFJ、3位みずほ

今年の就職人気ランキングは、ANAが2009年以来のトップとなった(撮影:尾形文繁)

超売り手市場の中、就職活動をする学生は、どんな企業で働きたいと思い描いているのか――。

学生が就活前半に選んだ「就職したい企業」​​​​

東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした、「就活ブランドランキング調査」の結果を定期的に発表している。ランキングデータは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所が行った調査を基にしている。調査対象者は、就職サイト「ブンナビ!」に登録する、現在就活中(2018年春卒業予定)の大学生や大学院生だ。その結果がこれから紹介する「就職人気ランキング」で、今回はその上位300社を発表する。

調査期間は2016年12月1日から2017年3月31日まで。ランキングの表に「前半」とあるのは、同調査が年に2回実施されているからだ。あこがれやイメージが強く反映される就職活動の「前半」と、企業説明会や面接を経た「後半」とでは、就活生の企業へのイメージは異なることが多い。そこでそれぞれのタイミングで調査を実施し、就活生のマインドの変化についても分析を行っている。

総合順位と同時に、男女別、文系・理系別といった属性別の順位や、昨年の該当会社の順位についても併記している。参考にしていただきたい。

次ページエアラインやトラベルに人気集まる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT