最新版!「就職人気ランキング」トップ300社

トップはANA、2位が三菱東京UFJ、3位みずほ

今年の就職人気ランキングは、ANAが2009年以来のトップとなった(撮影:尾形文繁)

超売り手市場の中、就職活動をする学生は、どんな企業で働きたいと思い描いているのか――。

学生が就活前半に選んだ「就職したい企業」​​​​

東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした、「就活ブランドランキング調査」の結果を定期的に発表している。ランキングデータは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所が行った調査を基にしている。調査対象者は、就職サイト「ブンナビ!」に登録する、現在就活中(2018年春卒業予定)の大学生や大学院生だ。その結果がこれから紹介する「就職人気ランキング」で、今回はその上位300社を発表する。

調査期間は2016年12月1日から2017年3月31日まで。ランキングの表に「前半」とあるのは、同調査が年に2回実施されているからだ。あこがれやイメージが強く反映される就職活動の「前半」と、企業説明会や面接を経た「後半」とでは、就活生の企業へのイメージは異なることが多い。そこでそれぞれのタイミングで調査を実施し、就活生のマインドの変化についても分析を行っている。

総合順位と同時に、男女別、文系・理系別といった属性別の順位や、昨年の該当会社の順位についても併記している。参考にしていただきたい。

次ページエアラインやトラベルに人気集まる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT