理系学生「就職人気」トップ100社ランキング 1位明治グループ、2位NTTデータ…

✎ 1〜 ✎ 285 ✎ 286 ✎ 287 ✎ 最新
拡大
縮小
採用市場で需要の多い理系学生が行きたい企業は、文系とはかなり傾向の違うランキングとなった(写真:muku / PIXTA)

3月から本格化した就職活動もはや2カ月がたった。東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象に「就職ブランドランキング調査」を発表しているが、今回は理系学生に人気のある上位100社を発表する。ランキングは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基に作成した。

調査対象者は同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2018年春入社希望の大学生や大学院生だ。この調査は就活期間の前半と後半に行っており、今回は就活前半の調査結果の中から理系学生が入社したい100社を掲載する。

売り手市場の中でも、理系学生はさらに引く手あまただが、彼らはどんな企業に入社したがっているのだろうか。

今年も1位は食品・医薬に強い明治グループ

1位は昨年に続き明治グループ(明治・Meiji Seikaファルマ)だ。総合ランキングでは昨年の11位から順位を上げて9位に入った。明治グループのうち明治は、乳製品やチョコレートで業界トップである。

お菓子では「カール」「きのこの山」「アーモンドチョコ」など超有名ブランドを持つ。最近は健康志向に対応し、「R-1」などの機能性ヨーグルトが絶好調だ。

一方のMeiji Seikaファルマは、医薬品専門会社で抗生物質とうつ病薬に強い。ちなみに国産で初めて抗生物質を開発したのは、Meiji Seikaファルマ(当時の社名は明治製菓)である。

事業範囲が広いことや、学生も知っている多くの有名ブランド商品を持つこと、さらに研究開発力に優れていることなどが評価されて、学生の人気が高い。

次ページなぜトヨタは文系・理系で差があるか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT