男子学生「就職人気」トップ100社ランキング

1位は大和証券、2位三菱東京UFJ、3位みずほ

男子学生でランキングの1位は大和証券グループ。同社の本社があるグラントウキョウ ノースタワー (撮影:尾形文繁)

空前の売り手市場と言われる中、就職活動をしている男子学生が注目している企業はどこか――。

売り手市場で男子学生に人気の企業​​​​は?

3月から本格化した就職戦線も、2カ月が経過した。就活生に有利な売り手市場が今年も続いており、企業側の学生争奪戦は熾烈さを極めている。そんな中で注目されるのが、学生がどんな企業に注目しているかだろう。

東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした、「就職ブランドランキング調査」の結果を定期的に発表している。2018年春に大学や大学院を卒業する予定の学生を対象にした調査結果では、4月17日に「最新版!『就職人気ランキング』トップ300社」と題して、総合順位300位までの企業を発表した。

その総合結果を基にして、男女別、文理別といった、属性別のランキングも作成している。今回は、対象を男子学生に絞った、「就職人気ランキング・男子学生版」の上位100社を紹介していきたい。

次ページ上位は金融が多くを占めた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。