女子学生「就職人気」トップ100社ランキング

1位ANA、2位はみずほ、3位が三菱東京UFJ

社会でも女性の活躍が期待される中、就活中の女子学生は、どんな企業に注目しているのだろうか (撮影:梅谷秀司)

就職活動まっさかりの今。実は、企業にとっては、女子学生の採用確保がひとつの課題となっている。

女性の採用状況を把握するのは義務​​​​

なぜなら、2016年から女性活躍推進法が施行され、社員301人以上の企業に対しては、自社の女性の活躍状況の把握が義務付けられている(300人以下の企業は努力義務)。その活躍状況を知る指標のひとつに、「採用者に占める女性比率」があるからだ。

この法律では、勤続年数の男女差や労働時間の状況、管理職に占める女性比率と同様に、女性社員の状況を把握し、課題分析を行うよう求めている。さらに、女性を積極的に活用している企業を国が認定する「えるぼし」制度もつくられているが、女性の競争倍率(応募者数÷内定者を含む採用者数)を男性と同程度にすることが認定基準のひとつになっている。いずれにせよ、企業にとって女子学生が関心を示してくれることが、採用活動では重視される方向に向かっている。

では、逆に女子学生が注目している企業は、どんな企業なのか?

次ページトップ10には航空業界がズラリ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。